2010年09月27日

イギリスで産むか?日本で産むか?〜その1

しばらく更新をご無沙汰していてすみません。

まずは近況を。夜中全く寝ない我が娘との根性対決に完敗気味で、雑誌に出てくるようなイケてるママライフとは180度違う生活を送っております。よく経験のある母さんから「新生児のうちは、夜中1,2時間おきに起きなきゃいけないから大変やねぇ」と優しい言葉を頂きますが、実際のところ我が子は1,2時間でも寝てくれれば万歳三唱したいくらい嬉しい夜です。ずーっと抱いて、ずーっと授乳しないと夜中起き続ける娘は結構筋金入りの根性の持ち主?!それでも、やっぱり小さくてふわふわのマシュマロのような手を握ってるだけで「かわいいなぁ〜」とメロメロになる親ばかぶりですのでご安心を。

さてご存知の通り、第一子の出産を日本でした私ですが、実はイギリスで産むか?日本で産むか?で結構悩みました。これってイギリス在住の日本人プレママの共通の悩みかと思い、悩んだポイントと私なりに取った行動と検討ポイントをちょっと紹介したい。

続きを読む(まずはスピード勝負?!)
posted by hiroex at 16:48| Comment(5) | TrackBack(0) | マタニティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月16日

お産体験記

今日で娘が生まれてちょうど10日間が経ちました。
前の記事への御祝いメッセージを沢山頂きありがとうございます。皆さんからのメッセージに心が温まりさらに幸せな気分に浸れております。本来なら一件ずつお礼を書くべきですが、もう少し生活のリズムが出来てから改めて書きたいとおもいますのでしばしお待ち下さい。

生まれたての頃は、父曰く「泣き方に品がある」上品なかわいらしい泣き声だったのに、日に日に力を蓄えて最近はたまに断末魔の叫びのような泣き声で自分の意志を主張しつつあり、成長の早さにビックリの毎日です。予定日一週間前に生まれたので、もう少し出産前のことで書きたいこともあったのですが、まずは何はともあれ日々の多忙で忘れちゃいけない出産体験記を記したいと思います。

続きを読む(長い長い体験記ですので、お時間のある時にどうぞ)
posted by hiroex at 15:08| Comment(10) | TrackBack(0) | マタニティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月04日

イギリス妊娠記〜Delivery Unit送り

妊娠性痒疹が出だして3週間ほど経った頃、ミッドワイフによる検診があった。
通常検診では、問診と子宮底長さを測って、お腹の赤ちゃんの心音チェックとなるのだが…。この日は機械で赤ちゃんの心音を探してもうまくいかない。担当のNadiaというミッドワイフは経験も多いおばちゃんで、トレーニーも何人か付いているのを見たことがある熟練の腕で今までものの10秒もあればお腹のなかの赤ちゃんの心音を聞かせてくれてた。しかしこの日は心音を探し出してから5分経っても、ちょっと時間をおいて10分経っても全然音が聞こえてこない。しかも胎動も全然感じられない。

続きを読む(長文を読む気力がある方はどうぞ)
posted by hiroex at 20:34| Comment(5) | TrackBack(0) | マタニティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月03日

イギリス妊娠記〜妊娠性痒疹

妊娠7ヶ月に入った頃からポツポツと湿疹がお腹に現れてきた。
最初は6月に入ってイギリスが暑くなってきた頃だったので「汗疹かな?」なんて思いつつ過ごしてきたのだが、すぐに汗疹どころではなく体中に拡がってくる。つわりが終わって以来、ベルギー旅行に出かけたり、運動をしたりと快適な妊娠ライフ♪と思っていたのだがここから試練が待っていたのだ。

続きを読む(痒いってつらい)
posted by hiroex at 11:06| Comment(6) | TrackBack(0) | マタニティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月02日

どうする?!マタニティ服

意外とミーハーで何でも形から入りたがる私の場合、妊娠した場合のマタニティ服というのは結構なテーマでした。

別に芸能人と違うから注目されてないし、仕事をしているわけではないからビシッと決める必要もないのですが、いかにも「わたし妊婦でっせ」という格好は嫌。しかし基本的に近所を歩き回るか、家でゆっくりゴロゴロしてるくらいなので楽な方が良いなぁなどと思いながら、マタニティ服デビューの時期を待った。

続きを読む(イギリスで使える妊婦服探し)
posted by hiroex at 14:20| Comment(10) | TrackBack(0) | マタニティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月01日

イギリス妊娠記〜歩けよ妊婦!

いまや妊婦が太り過ぎちゃいけないは常識だと思っていたのですが、ことイギリスに関しては全く体重に関して自由。そうイギリスでは基本的に妊婦はいくら太ってもよいのです。
barairo.jpg

体重制限とっても厳しい日本在住の妊婦からすれば、まさに妊婦生活バラ色?!
続きを読む
posted by hiroex at 09:11| Comment(4) | TrackBack(0) | マタニティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月31日

イギリス妊娠記〜スキャン

妊娠検診でなにが一番興奮するってスキャン=超音波検査ですよね。お腹の中の住人とのドキドキの対面。心臓は動いてる?手足はちゃんとある?から始まって、気の早いところではお顔の様子は?!などなど覗き見願望は高まるばかり。
しかしイギリスで妊婦ライフを過ごす限り、そんなドキドキスキャンのチャンスは12週と20週の2度しかないのが普通。(私の場合は、イレギュラー対応でエキストラがあったけれども)

そしてその貴重なチャンスの前には、やらねばならぬことがあるのです。

続きを読む(イギリスのスキャンには苦行がつきもの)
posted by hiroex at 22:54| Comment(6) | TrackBack(0) | マタニティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月28日

イギリス妊娠記〜暗黒期

暗黒期ってタイトル...
幸せなはずの妊娠期間なのに、そぐわないタイトルを書いたがそれは「つわり」。
私の場合、つわりは7週頃からはじまりそれは凄惨をを極めた。

続きを読む(美しい話では全くないので、ゴメンナサイ)
posted by hiroex at 08:40| Comment(12) | TrackBack(0) | マタニティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月27日

イギリス妊娠記〜始まり

超初期スキャンにて妊娠が確認されて、イギリスに住む普通の妊婦と同じ妊娠管理が始まった。今回はその始まりについてのお話。

もう一度妊娠報告@GP
GPに訪れた途端に、「スキャンの結果良かったのねー、おめでとう」とまたまた祝福をうける。まだまだ初期だったので実際に会う周りの人には妊娠の事実を打ち明けていなかったので、面と向かって「おめでとう」と言われてなんだかとっても心が和む。繰り返すがイギリスでは専門医にはなかなか会えないが、どの人も大変愛想がよくニコニコ和やかムードで進むのでリラックスしてことが進んだ。

続きを読む(イギリスの場合、妊娠管理もゆるーいもん?!)
posted by hiroex at 07:38| Comment(4) | TrackBack(0) | マタニティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月26日

イギリス妊娠記〜天使降臨

暑い暑いと苦しんでいる間に37週に入った。
いつ産まれてもおかしくない時期(実際同じ予定日の人がTwitterに「破水なう」とかつぶやいてたし...)なのだ。「お父さんが日本に駆けつけるまでしばらく待ってるんやでー」とお腹に語りかけつつ、ダイジェストになるがイギリスでの妊娠生活を振り返る。正直なところ、今さら感もかなりあるが、私自身の妊娠生活で、多くの方(とくにイギリス在住の先輩方)の妊娠記を見させてもらって、色々と助けて頂いた。なので私もせっかくブログを書いているのだから、周りの方へのお礼&微力ながら外国での妊娠・出産で心細い思いをされてる方への参考にして頂く経験談として残しておきたい。時刻をグッと前に戻してもらう内容ですが、おつきあいの程お願いします。

続きを読む(イギリスで出産が発覚、私の場合)
posted by hiroex at 09:40| Comment(6) | TrackBack(0) | マタニティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
日本→ベトナム→ドバイ→イギリス→中国→日本…と
国境を超えた流れ者生活を送る筆者が、あらためて母国で見つけたもの。
※過去のブログタイトル
「パンダヂカラ」2011年10月〜2012年3月
「英国ソコヂカラ」2007年7月〜2011年10月
「ドバイヂカラ」〜2007年6月
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。