2011年10月29日

イギリス最後の晩餐

bell.jpg

最後のおでかけに続いて、最後の食事…そろそろイギリスの記事も最後。なんだか淋しいですが気分を入れ替えて食べたもの行ってみよー!
続きを読む(一番美味しくて楽しいもの)
posted by hiroex at 23:51| Comment(6) | TrackBack(0) | イギリスの食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月30日

Jamie's Italian チェルトナム

JamieChm.jpg

ご存知有名シェフJamie Oliverのイタリアンについてはオックスフォードバースで経験済なのだけれどもチェルトナムに出店となると話は違うってわけで気合を入れてGo!
続きを読む(レストラン選びの新基準)
posted by hiroex at 08:40| Comment(4) | TrackBack(0) | イギリスの食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月22日

こだわりBBQ

yakitori.jpg

チェルトナム在住の友達宅にてBBQ大会。ただのバーベキューではなく「大会」とつけたくなるのが、そのこだわりぶり。旦那様が大のつくBBQ好き、称して「バーベキュー将軍」なのだが、そのこだわりはものすごい。引っ越してすぐに買ったプロ仕様?!のBBQセットと炭を駆使して、「そこまで食べさせてくれますか?!」と食いしん坊の私達を唸らせるものすごい焼の饗宴。

続きを読む(BBQって奥が深いんですね)
posted by hiroex at 05:42| Comment(6) | TrackBack(0) | イギリスの食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月06日

グロースターフードフェスティバル

GloFF.jpg

不思議なもので、フラワーフェスティバルで8か月ぶりに訪れたグロースターに翌週も訪ねることになった。今回の目的はフードフェスティバル。食べ物のお祭りとなると行かずにいられない欲望に正直な食いしん坊魂です。会場はグロースターアウトレットでとんでもない賑わい。
続きを読む(行列の出来る店、できない店)
posted by hiroex at 07:12| Comment(2) | TrackBack(0) | イギリスの食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月08日

フードフェスティバル

foodfiesta.jpg

チェルトナム、夏のイベント恒例となったフードフェスティバル。日本から戻って早々にこのフェスティバルだったので、私の食い意地を知っている友達からは「さすが食いしん坊」とチェルトナムに戻ってくるタイミングを笑われたりしつついざ出陣。
続きを読む(イギリスの味大集合)
posted by hiroex at 06:26| Comment(2) | TrackBack(0) | イギリスの食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月16日

奮発ランチ

夫の誕生日。しかもこちらでいういわゆるビックバースデーってやつ。せっかくの誕生日なので美味しいものをご馳走しよう!って気持ちと、滅多にない機会やから私も便乗して食べたいもん食べようぜ!!という気持ちが相まって食べたのがこちら。
yashin-a.jpg

続きを読む(舌鼓)
posted by hiroex at 07:35| Comment(4) | TrackBack(0) | イギリスの食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月31日

ベト食inバーミンガム

震災以来、日々の私の食欲話なんてBlogに書いてていいもんだろうか?みたいな神妙な気分になり、しばらく食い気日記を書いていなかった。
が、信じがたいようなことが起きてしまった今、美味しいものをたべて、きれいなモノをみて写真を撮ってという日常がどれだけ恵まれているのかということにも同時に気づかされる。日々の小さな幸せに感謝しつつ、このブログを楽しみにしてくれてる方がちょっとは居てくださることを期待して、ボチボチと食い気日記も復活しようかと思うのでお付き合いをおねがいします。
bmgphoboad.jpg

という訳で第一弾は私のお気に入り食のひとつベトナム料理。
続きを読む(フォーだけでない美味しいベトナム)
posted by hiroex at 07:32| Comment(8) | TrackBack(0) | イギリスの食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月28日

SUSHIレッスン

海外で暮らしている日本人と寿司って切っても切り離せない存在。生で食べられるフレッシュな魚が手に入る場所が限られているので、ロンドンのようにお寿司が食べられる場所に行くと必ず食べなきゃいけないし(←別に食べなくても良いんだけれども何故だかマストになってる)。期待して入った寿司レストランで劇的にまずい思いをしてガッカリしてしまったり、予想外に美味しい思いをして幸せ気分に浸ったと思ったら思わぬ出費に今度は財布が淋しくなったり…。あれ?!美味しい大好きなお寿司について書いてるはずがなんだかマイナス面にばかり目が行ってしまってますね。

そんなお寿司ですが、日本人だけで楽しむものではなくもちろん海外でも大人気。レストランだけでなく、その辺りのスーパーマーケットでも毎日お寿司(らしきもの)が手に入るそんな人気のメニュー。そして海外に暮らす主婦が絶対に一度は体験するのが「お寿司の作り方教えてー!!」というリクエスト。今までも何度かありましたが、子連れになってからはじめてその依頼に応えましたのでその記録。(長い前置きでした。やっと本題に入れる)
Sushiplates.jpg

続きを読む(寿司作りまくり)
posted by hiroex at 06:24| Comment(12) | TrackBack(0) | イギリスの食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月14日

子連れパブ飯

休日、家族でのお出かけ先の定番と言えばイギリスではパブ。えっ?!パブっておっさんがサッカー観ながら飲んだくれるところじゃないの?ってイメージをお持ちの方も多いでしょうが、パブにも色々ありまして。アルコール片手に怒声を上げながらサッカーを見る場所から、食べ物勝負のガストロパブ、そしてプレイエリアが併設された子供Welcomeなパブまで。いままで私が狙っていたのは、食いしん坊ならではのガストロパブでしたが、やっぱりこれからはお子さんWelcomeな家族パブが狙いです。しかしいくら子連れOKでも美味しくないパブは嫌なわけで…。夫の勤め先で人気のパブが、メニューが多くってなかなか良いとのことで足を向ける。
bellinn.jpg

続きを読む(大食い日記?!)
posted by hiroex at 06:14| Comment(6) | TrackBack(0) | イギリスの食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月30日

懺悔の美味しい話

なんの話や?!というタイトルで始まりましたが、まずは美味しい懺悔写真から。
creamtea.jpg

まず最初は、チッピングカムデンのティールームBadgers Hallにて。やっぱりここまで来たら美味しいスコーンを食べなきゃはじまらないと禁を説いてオールバターのスコーンを頂きました。続きを読む(まだまだ続く美味しい体験)
posted by hiroex at 07:31| Comment(8) | TrackBack(0) | イギリスの食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月20日

マレーシアンランチ

週末お呼ばれをして友人宅でマレーシアンランチ。
マレーシアには父が10年住んでいたので、馴染みのある場所なのだが、美味しいもの天国なことは知っている。けど現地で食べて気に入ってたのは、マレーシア料理よりも中国料理(飲茶とかめっちゃ美味しい)やインド料理でマレーシア料理は二の次だったので正直あんまり期待せずに参戦。ってせっかくご馳走してくれるというのになんとも嫌なお客ですね。しかしこれが立派に低い期待を裏切る美味しいお料理だった。
msianlunch.jpg

チキンのサティやらピリ辛ソースをかけてたべるビーフンなど、バクバクとおかわりをしまくって食べた。続きを読む(もう一つのイベント)
posted by hiroex at 01:02| Comment(8) | TrackBack(0) | イギリスの食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月01日

おせち2011

2011年賀435.jpg

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。


今年もやってきましたお正月恒例お節スペシャル。
続きを読む(おせち食べて始まるお正月)
posted by hiroex at 20:18| Comment(20) | TrackBack(0) | イギリスの食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月06日

Champignon Sauvage

2年と少し振りにチェルトナムのミシュラン2つ星、Le Champignon Sauvageへ。そう言えば、日本でのミシュラン本掲載店の流行はまだ続いているのでしょうか?日本だったらミシュラン星なんて付いて無くっても、美味しいお店が沢山あるのだが、イギリスではやっぱり頼りにしたい星レート。と言っても、やっぱり星のついたお店はお値段も結構するわけで、たまーの贅沢に取っておいてました。

chamsauvagerisotto.jpg今回は、「もうすぐイギリスを離れるし」と「こんなお店は今のうち」の合言葉をつぶやいてランチへGo。写真はないが、アミューズにチーズ味のシュークリームみたいなのと、ガスパッチョ。二品もでてくるなんてちょっと得した気分。やっぱりチョコチョコと色んな味が楽しめるのは有難いです。そしてスターターに選んだのは、リゾット。お米を柔らかく料理をしたものがあまり好きでない私がリゾットを選ぶことは少ないのだが、聞いたこと無い穀物(でも、名前忘れた…^^;)を食べてみたいなってのと、イカが添えられてるのも面白いとおもってオーダー。味は美味しかったが、ちょっと食感が私には柔らかかったかな。

続きを読む(英国素材に思いをはせ、食す)
posted by hiroex at 17:42| Comment(8) | TrackBack(0) | イギリスの食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月24日

2010年06月20日

チェルトナムフードフェスティバル

foodfesmain.jpg

地元イベントで一番楽しみにしていたフードフェスティバル!
重度の花粉症+一日三試合のワールドカップ観戦のため、最近すっかりインドアライフが染み付いた私の生活には久しぶりの外出です。…といっても徒歩10分圏内、気温が上がると花粉が飛び始めるので肌寒い(昼間は陽射しも強く熱い位のイギリスですが、最低気温は10度前後で冷えていて気持ちよいのです)朝一番を狙ってGo!
続きを読む(フードフェスティバルだけに食べ物一杯)
posted by hiroex at 19:41| Comment(8) | TrackBack(0) | イギリスの食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月15日

買えないものは作る

mangocheesecake.jpg

私の好きなケーキのトップ3に間違えなく入るチーズケーキ。今回はマンゴーを混ぜて、マーブル模様をつけて夏らしくしてみた。果肉とピュレで飾ってみるとちょっとお店にみたいになって自己満足。
続きを読む(食べたいは止められない)
posted by hiroex at 20:06| Comment(12) | TrackBack(0) | イギリスの食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月14日

10ポンドランチ

10tapas.jpg

スードリー城に行った時のランチが、ハイシーズンのコッツウォルズとしてはとってもお得だったのでご紹介。
続きを読む(最近お得系ランチ増えてます)
posted by hiroex at 17:35| Comment(6) | TrackBack(0) | イギリスの食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月27日

川辺でシーフード

severnside.jpg

続・奇跡的に晴れ×暑かった週末のお話。
この日のランチにやって来たのは、Severn川沿いにある村Arlingham。なーんにもない村ですが、川辺のフットパスが人気でお天気の良い日には犬のお散歩やウォーキングにピッタリのコースがある。しかし私達が太陽光線を浴びながら選んだのはシーフードをたらふく食べること。

続きを読む(川の近くで海の幸)
posted by hiroex at 06:58| Comment(13) | TrackBack(0) | イギリスの食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月12日

Kingham Plough

ずーっと、ずーっと気になっていたパブにてランチ。
Kingham Ploughのシェフのエミリー・ワトキンスは、Brayにある超有名三ツ星レストランFat Duckでスーシェフを務めていたという凄腕で、一人一食で150ポンドもするFat Duckには恐れ多くって行けなくとも、ぜひその腕を近場でしかも安価で(これ重要)体験できるのなら行ってみないと!と思いを募らせていたのだ。
kinghampentrance.jpg

続きを読む(繊細な味に舌鼓)
posted by hiroex at 23:48| Comment(6) | TrackBack(0) | イギリスの食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月07日

Le Manoir aux Quat'Saisons

manoirsaison.jpg

夫の誕生日本番として、特別レストラン企画を決行。場所はテレビでもお馴染みレイモンド・ブランのLe Manoir aux Quat'Saisons。そう言えば、「チェルトナムにあるミシュラン2つ星を食べたのも、ドバイで7つ星ホテルにて食事をしたのも我が家的には‘清水の舞台系’のレストランに行ってるのはいっつもダンナの誕生日やで。」と、押し付けがましく夫にアピールしたところ、「結局自分も食べたいからやろ」と図星。
続きを読む(美味しかった〜♪)
posted by hiroex at 17:06| Comment(8) | TrackBack(0) | イギリスの食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
日本→ベトナム→ドバイ→イギリス→中国→日本…と
国境を超えた流れ者生活を送る筆者が、あらためて母国で見つけたもの。
※過去のブログタイトル
「パンダヂカラ」2011年10月〜2012年3月
「英国ソコヂカラ」2007年7月〜2011年10月
「ドバイヂカラ」〜2007年6月
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。