2009年06月02日

西北散歩

日本滞在の初日。まずは、半年ほど前にオープンした西宮ガーデンズへ。
nishikitagarden.jpg通っていた大学から近い西宮北口エリアは、私が大学生だった頃から10数年で様変わりした。かつてのゴチャゴチャと細かい道は整備されマンションが建ち並び、度々アメフトの応援に足を運んだ西宮スタジアムも今は無く、その後身がショッピングモールとなったのだ。
前回の帰国時がちょうどオープンしたてで、賑わっていると聞いていたのだが…今回足を踏み入れてところガラーン、シーンと閑古鳥が鳴いていた。写真に写っているおばさんもマスク姿です。そう、ガラガラぶりの原因は、新型インフルエンザ。私が訪ねた一週前に猛威を振るったインフル旋風はすっかりヒトを阪神間から遠ざけてしまった様子。続きを読む(マダムイタリアンで舌鼓)
posted by hiroex at 07:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月07日

日本でバイヤーに?!

「日本に帰ったときにこれ買ってきて〜」と頼まれごとをするのは、意外と日本人より別国籍の友達が多い。
前回日本に帰国した時に頼まれたもので、「へぇ、そんなのあったんだ」と驚いたのがこれ↓

ディズニーが発売しているリトルタップス。という商品なのだが、バラバラのキャラの人形を買ってボタンを押すと皆があわせてタップダンスを踊りだす。一回上の動画プレイしてみてください、なかなかカワイイですよ。
続きを読む(五本指ソックスを熱く語った結果)
posted by hiroex at 20:57| Comment(4) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月18日

永平寺

禅宗曹洞宗の総本山・永平寺。
eiheiji.jpg

久しぶりに訪れたが、以前に訪ねたときの記憶が門前のお蕎麦のことだけという思考回路はどうなってんだ?と自分の食欲優先な頭の構造に愕然としながら(それでもちょっとは気に入ってるけど)今度はちゃんと参拝することに心を決める。

続きを読む(寺×紅葉×残雪)
posted by hiroex at 18:58| Comment(6) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

福井県勝山

若い人ならスキージャム勝山、年配の方なら越前大仏でご存知の人も多い福井県勝山に親戚の家はある。勝山の中心からは奥まった集落への道を曲がると景色が白くなった。三日前に降った雪が積もっているのだ。
bessyo-a.jpg

続きを読む(白米って、食べる場所で全然味が違うんですね)
posted by hiroex at 18:02| Comment(1) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月17日

東尋坊

福井県の自殺の名所、いや景勝地、東尋坊。
tojinbo.jpg

大阪に帰って早々、福井の親戚の家に皆で遊びに行こう!と大阪を出発した車。両親+私(旦那は先にイギリスに戻った)だけでなく、叔父一人に叔母二人、それに大叔父(おじいちゃんの弟)と7人が内訳。皆」って書く意味も分かる親戚大移動?!ワイワイガヤガヤと喋りながら高速に乗って福井に入ったところで、親戚の家に行く前にまずは観光にということで東尋坊へやって来たのです。
続きを読む(東尋坊と言えば、懐かしのドリャーおじさん)
posted by hiroex at 06:29| Comment(6) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月16日

チェルトナム?大阪?

ryunov08.jpgねぇねぇボクのことおぼえてる?

はい、英国ソコヂカラマニア?!の方はご存知ですね。元チェルトナムのご近所さんだった、hiroex専属モデルことRyuくんです。
Ryuくん家族はチェルトナムから日本へ帰国後の住所が大阪!ということがあり、わざわざ家族みんなで私の実家まで来てくれたのでした(呼びつけたとも言う、わざわざありがとう)。

同じ大阪に住むのに、我が家の近くで車を降りて、「いやぁ空気がいいわぁ」とはRyuくんママのまりこさんの言葉。たしかに、高校の頃から友達がくると同じような言葉「えっ?!ほんまにココ大阪なん?!だってガレージに玉ねぎ吊るしてある家多いで」とかね。10代の頃は「ハイ、残念ながら大阪にこんな田舎もあるんですよ」と照れ半分で思ってたけれども、今やこの田舎っぷりは自慢です。

続きを読む(一歳半になったRyuくんと久しぶりの再会)
posted by hiroex at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月15日

グッドデザイン

ピカソ攻めにやられてフラフラ状態でサントリーミュージアムを見終わったら、目の前に入ってきた「グッドデザイン展」の看板。えーい、フラフラついでにハイな感覚で見てしまえ!と投げやりに行くことを決定。しかしこれが勢いで行った割にとってもよかったのでご報告。まずは、作品をみてもらうのが、私の興奮を一番分かってもらえるだろう。
hondacub.jpg

Hondaカブ。うーん、おじいちゃんが乗ってたのと一緒。ベトナムでも大量に見たこのデザイン、日本の技術力の基本を表現するものかもしれないですね。
続きを読む(まだまだ続く、納得!のデザイン)
posted by hiroex at 18:38| Comment(4) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

寿司とピカソ

sushidai-b.jpg帰国時の御馴染みになってきた築地で朝寿司。二度目の‘寿司大’文句なしに美味しい♪
食べるだけでなく、イギリスに持って買えるお土産にどこで寿司海苔を買えばいいかも教えてもらって購入。一応とっておきとして、節分の日にでも使おうかな。
朝7時にはお寿司を食べ終わって満腹で、もう一度ホテルに戻って爆睡。満腹→爆睡ってどんなけ怠惰な一日の始まり。

ミッドタウンでは、ふたつのピカソ展を同時開催中。
続きを読む(ピカソづくしな午後)
posted by hiroex at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月13日

これぞ都心

まさか東京のど真ん中からも富士山が綺麗に見えるとは思ってませんでした。
mtfujitokyo.jpg

この日は東京の秋、一番の冷え込み。空気がキーンと張っていたからかビル群の向こうにくっきり見える富士山。近くでみる大きな富士山もよいが、東京の街並みなんて知ったことない感じで白い顔を見せる富士山もなかなかヨロシ。ここ数日で、私の富士好き度が高まってる気がする。

美しく見える富士山も見逃せないが、こっちもスゴイ。
続きを読む(This is TOKYO!)
posted by hiroex at 19:26| Comment(6) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドバイ友と神奈川で

湯河原から電車で20分ちょっと行ったところに、友達が住んでいた。
「せっかくなので、会ってきます」と家族水入らずの旅行にも関わらず「友達に会ってきます」と勝手に途中解散で個別行動。やっぱり鬼嫁よなぁ。夫には「だから湯河原選んだのか?」とか突っ込まれるし…
ninomiya-a.jpgninomiya-b.jpgninomiya-c.jpg
しかし電車の駅でピックアップしてもらって美味しいイタリアンに連れてってくれるとは、やっぱり会って良かった。友達のSIZちゃんは、ブログを見ててくれる人ならコメントで御馴染み?!ドバイの頃に出来た友達。

続きを読む(美味しいものを前に尽きないネタ)
posted by hiroex at 18:48| Comment(4) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

奥湯河原

宿の方に勧めてもらった湯河原散策道。
yugawarasusuki.jpg

確か去年の11月に一眼レフを買ってすぐの頃、自分の課題を「すすき」にして色々宮崎で撮ってみたがどれも納得いかず。1年経ってやっと自分なりの秋のススキが撮れたような気がします。
続きを読む(自己満足メモはこれくらいにしといて…、散歩日記)
posted by hiroex at 03:07| Comment(4) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月12日

湯河原の隠れ宿

富士山を満喫した後は湯河原にて温泉旅館に宿泊。
sekiyouhiroma.jpg

旅館のお部屋にしては立派ですよね。宿の方が4人連れの私達に大広間を食事用に用意してもらったのです。活けてあったお花が写真よりももっとドドーンと勢いがあって雰囲気あったのですがまたまた腕不足。
続きを読む(美味しい料理と温泉を堪能)
posted by hiroex at 02:11| Comment(6) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月11日

富士マニア

富士マニアって誰のこと?
…答えは東京に住むお義母さん。富士山が大好きで、友達と美術館巡りにいったり、文学散歩にいったり、外国人の友達が行きたいというと連れて行ったり、とにかく富士山大好きなのです。「日本に帰ってきたら今度こそ案内させて」と必見富士山スポットに連れてってくれました。
oshino8.jpg

まずは忍野八海。続きを読む(富士山の色んな顔)
posted by hiroex at 23:09| Comment(8) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

京都その2〜京大周辺

河原町まで出てきたが、本日のメインは西京極にてアメフトの試合観戦。
gangrits.jpg

意外にも京大が前半リードしたのに、後半にはちょっとした綻びから負けてしまった。ここで京大が勝ってたらなぁ、KGの連続優勝もあったのに。(と、その後立命に負けて優勝を逃した母校のことを頭の端で考える不純な心を持つ私)

試合後、食事をするために京大付近へ移動。
続きを読む(京大フレンチと驚きの場所)
posted by hiroex at 01:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月10日

京都その1〜錦市場

朝から京都へ。朝から長距離電車で立って体力消耗するのはイヤだと、若さを微塵も感じない判断で十三乗換えを拒否し、梅田にて河原町行きをキャッチ。余裕で座れるはずやったのに、この季節のおばちゃんパワーを忘れてた。普通に乗りこむ間に徒党を組んだおばちゃんダッシュ隊に阻まれ見事一人分しか席確保できず。大阪のおばちゃんに対抗するにはイギリスの田舎暮らしは生ぬるいのか。

紅葉の季節、行楽に向かう人達は皆、嵐山へと去っていき、食優先の私がやって来たのは錦市場。
kyoyasai.jpg

新鮮な京野菜。聖護院大根に水菜、ワサビ菜、海老芋、金時人参…日本でも京都特産で手に入るところが限られるのにイギリスでは絶対手に入らない京野菜たちを見ているだけで幸せになってくる。
続きを読む(京都なモノ、京都なヒト。。。)
posted by hiroex at 23:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月09日

三揃いの記念日

見よ!このご馳走を!!
33birthday.jpg

帰国時にあわせて集まってくれた親戚に感謝。
子どもの頃から同じ市内や隣の市に親戚が沢山住んでいる。年に数回は親戚で我が家に集ってお腹一杯たべて沢山喋るのが常。海外に住み始めてもたまに帰ったときにこうやってワイワイ楽しめるのって最高!

日本滞在時の11月15日が私の誕生日。
続きを読む(W記念日)
posted by hiroex at 22:08| Comment(10) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久しぶりの場所達

4年ぶりに母校を訪れた。
kgcentre.jpg

在学中ずっとキャンパス内を工事していただけあり10年後の今は完全にバージョンUPしている。続きを読む
posted by hiroex at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

紅葉ベストシーズン

日本に行くなら何時がお勧め?たまに、外国人の友達から聞かれる。私の答えは、初めての人には4月の桜の時期、二回目以降は11月後半の紅葉。
余分な前置きは置いておいて,今回帰った頃はちょうど紅葉の最盛期。私の場合春は花粉にやられるのでこの時期がまさに日本帰国のベストシーズンかも。今年は台風の上陸が無かったため、例年よりも美しい紅葉だったとのこと、満喫してきました。
momijisakari.jpg

続きを読む(知る人ぞ知る?紅葉の名所)
posted by hiroex at 21:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月08日

日本のマチュピチュへ?!

takedacastle.jpg

雲の上に浮かぶ古城。日本到着後の翌日、まさに‘天空の城’と呼ぶのにふさわしい絶景を望む場所に私達はいた。兵庫県の北部びある和田山、竹田城跡。雲の上に見える城のイメージってまさにペルーの秘境マチュピチュ遺跡を彷彿させますよね。

続きを読む(城の上から見た景色も絶景)
posted by hiroex at 21:43| Comment(8) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月09日

砂被り、座布団舞う大相撲

makuuchi.jpg

大相撲五月場所。なんと5列目砂かぶり。大相撲を砂かぶりでみるなんて、しばらく前だとよっぽどの伝手が無い限りほぼ不可能、これ常識。だと思っていたが最近は一般人でも手に入れるルートがあり、イギリスにいながらにして溜まり席=砂かぶり席とれちゃいました。

ところで皆さん、お相撲観戦ってしたことありますか?
続きを読む(大迫力!間近でみる大相撲)
posted by hiroex at 06:10| Comment(8) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
日本→ベトナム→ドバイ→イギリス→中国→日本…と
国境を超えた流れ者生活を送る筆者が、あらためて母国で見つけたもの。
※過去のブログタイトル
「パンダヂカラ」2011年10月〜2012年3月
「英国ソコヂカラ」2007年7月〜2011年10月
「ドバイヂカラ」〜2007年6月
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。