2010年08月10日

わら天神

waratenjin.jpg

8月9日、京都衣笠【わら天神宮】にお参り。
今、私がお参りに行くのは...その通り、わら天神は安産のご利益で有名なのだ。
続きを読む(願ってる!)
posted by hiroex at 15:05| Comment(4) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月05日

ないものねだり

大阪は今日が暑さのピークらしい。今日まででもかなりの刺激的な暑さだったので、今日が予想気温の36度を超えてどこまで行くのか怖い。イギリスの最高気温は18度だとか。半分の気温...はぁうらやましい。
carubi.jpg

続きを読む(暑さにまかせてダラダラと)
posted by hiroex at 10:24| Comment(6) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月26日

冷やうどんと嬉しい再会

odoruudon.jpg

夏こそ食べたいチュルッといける冷やうどん。
続きを読む(チェルトナム→大阪のおつきあい)
posted by hiroex at 10:07| Comment(10) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月24日

夏野菜、豊作

連日の美味しいもの食べた記事を載せているので、「この妊婦は食不毛の地イギリスから日本に帰った反動に任せて、無敵に暴食を重ねているのではないか?」という疑惑を抱かれている頃かと思います^^;しかし実際のところは、日本に帰ってから大量に野菜をたべる生活で健康妊婦体を維持中。そんな野菜の供給元、父の野菜畑を今日はご紹介。
natsuyasai.jpg

ただいま、夏野菜の収穫真っ只中。
続きを読む(たわわな野菜達)
posted by hiroex at 20:56| Comment(4) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月22日

故宮で舌鼓

日本にいると美味しい話にいとまが無く、食欲のおもむくまま暮らしていることがブログでバレバレですね。今回は美味しい広東料理の巻です。

向かったのはウェスティン大阪にある故宮。以前帰国時に訪れたときも記事にしていますが、あれから時間が経って、大阪京都版のミシュランでひとつ星を獲得、評判が評判を呼んでかこの日のランチも満席でした。
kokyustarter.jpgfukahire.jpg

続きを読む(シェフこだわりの味!)
posted by hiroex at 10:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月21日

久々の梅田

umedahep.jpg

久々に大阪のキタの中心地、梅田に出かけた。
続きを読む(やっぱりデパ地下は楽しい)
posted by hiroex at 10:48| Comment(4) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月18日

石塀小路でイタリアン

祇園祭見物を堪能した後、早めに切り上げて烏丸→河原町→祇園へと移動。少し早めに切り上げたので、河原町まだ山鉾見物中の人のあふれる河原町はものすごい熱気だったが、鴨川を超えた辺りからは人が少なくなってきた。
kamogawa.jpg

まだまだ梅雨の大雨の影響があって、水量が多かった鴨川。続きを読む(京都なイタリアン堪能)
posted by hiroex at 18:05| Comment(8) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月17日

祇園祭

hokofront.jpg
京都の夏、祇園祭のハイライト山鉾巡行を観てきました。
続きを読む(特等席から京絵巻見物)
posted by hiroex at 20:53| Comment(4) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月15日

無事、日本到着

ご報告が遅くなってますが、無事日本に着いてます。
今回の帰国にはかなり久しぶりに日系の航空会社を使ったのですが、一応後期の妊婦ひとり旅なので、荷物を持ってくれるサービスをお願いしたところ、若くてキレイで細いお姉さんが担当についてくれ、ロンドン→成田→伊丹と一瞬たりとも荷物に触れずに到着。暑い中笑顔を絶やさず働くお姉さんたちに感謝。おばちゃんがお世話になりました。

続きを読む(蒸し暑いー)
posted by hiroex at 18:11| Comment(4) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月06日

原宿〜明治神宮

日本滞在最終日。ぽっかり3,4時間時間が空いたので泊まっていたホテルのコンシェルジュに「普段日本を離れて住んでるのですが、なにか面白い場所ありますかね?」とお勧めを聞く。
takesitaroad.jpg

そしてやってきた原宿竹下通り。うわぁースゴイ人混み、前に進む気無くなる…。
続きを読む(なんで、原宿へ?)
posted by hiroex at 06:09| Comment(8) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月05日

皇居

本当であれば去年中に終わらせたかった日本の記事だが、もう少しだけ忘れない間に記録を残しておく。もう一ヶ月も前の話ですが、「思い出しながら書くのは脳の若返りに良い」と脳科学者の茂木さんも言っていたので私の脳ミソの老化を防ぐためにも時期外れた記事にお付き合いください。
hinomiyagura.jpg

唐突ですが皆さん皇居の中を訪ねたことありますか?
続きを読む(大雨のなかの参観)
posted by hiroex at 23:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月29日

小江戸

実は日本の旅の報告がまだ終わってませんでした。あちらに行ったりこちらに行ったりとお見苦しいブログになってますが、せっかく行ったのにブログにUPしないと勿体無い場所がまだいくつかあるのでお許しを。
tokinokane.jpg

‘小江戸’というキャッチフレーズにて人気の観光地になった川越。
続きを読む(なんで川越が小江戸なの?!)
posted by hiroex at 23:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月21日

津和野

tsuwano.jpg

山陰の小京都、津和野。萩からのドライブの道のりはとっても雰囲気のよい山が連なる道でちょうど紅葉もみれて最高だった。
そして山あいに開ける城下町。茶色の立派な屋根瓦に山並み、そして川。この場所に来たのは初めてなのに懐かしく感じるとっても雰囲気のよい町でした。
続きを読む(山間の小京都はしっとり)
posted by hiroex at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月20日

ちょっとクリスマスでイギリスに脱線しましたが、日本滞在記に話はもどります。山口旅行、次に訪れたのは萩でした。
syokasonjuku.jpg

萩と言えば、まず寄るべきは松下村塾だろう。
続きを読む(自転車で萩観光)
posted by hiroex at 09:38| Comment(6) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月18日

下関、海辺の風景

どれにしようかなぁー、目移りしまくり。
karatoichiba.jpg

新鮮なお寿司がよりどりみどりな屋台が出ているのは唐戸市場。
続きを読む(新鮮な魚介をお腹一杯)
posted by hiroex at 02:46| Comment(8) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月16日

山口の旅

rurikoji.jpg

国宝、瑠璃光寺五重塔。
始まりから漢字ばっかりで日本語のブログではないみたいですね。今回の帰国時の泊まり旅行先に選んだのは山口。夫は修学旅行で経験済みの山口だが、私にとっては初の場所。学生時代から読書の好みがおっさんで、『世に棲む日々』や『花神』など長州人の物語が好きな私にとっては維新開花の場所。歴史探訪と味探訪(食いしん坊は、どこに居ても一緒ですが…)がテーマの旅。
続きを読む(維新の跡、海峡、名物ふく)
posted by hiroex at 23:38| Comment(6) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月15日

京都を疾走

冬本番のイギリスから、今この写真をアップすると季節はずれ極まりないのだが、私が京都に訪れた頃はちょうど紅葉の盛りだった。
autumn-sosui.jpg

秋の京都というと「美しい」というより、関西の人間には「とにかく混んでる」の印象がある。もちろんこの日は平日だったので、京都の街中おばちゃんだらけ。日本中いや、世界中で面積あたりの中年女性率トップを疑わないおばちゃんだらけの光景。そこら中で「いやキレイわぁ〜」という女性の声で溢れていた。

続きを読む(京都で動くのに最適な方法)
posted by hiroex at 21:22| Comment(4) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月14日

お伊勢さん参り

ise-koubou.jpg

光芒がスピリチュアルな雰囲気を醸しだしているこの場所は伊勢。
日本に到着した翌朝6時には、両親とともに、大阪から伊勢へ日帰りドライブの車のなかにいたのでした。我ながらこのスーパーアクティブさに脱帽。って、ただ車の後ろに乗ってるだけの私なので実際のところは行動的でも何でも無いのだが。
続きを読む(定番赤福やら、新鮮な魚介やら)
posted by hiroex at 02:03| Comment(4) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月12日

大山崎

大山崎は各駅停車の電車のみ停る京都府で一番小さな町だが、そこはお酒好きな人にはウィスキーの故郷として知られていたり、歴史上では豊臣秀吉と明智光秀の天下分け目の天王山があったりと意外と見どころがある。そんななかでも、ちょっと年代が高めの層に人気なのが大山崎山荘美術館
oyamazakimain.jpg

続きを読む(建物も展示物も見応えたっぷり)
posted by hiroex at 06:27| Comment(6) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月10日

但馬の旅

toyookaricepaddy.jpg

昨日UPした日本海の旅には、さらに続きがありました。田んぼの向こうに見えるのは昔ながらの集落、そして山、青空。同じ田舎の青空でもやっぱりイギリスと日本では何かが違う。日本のが落ち着くのは自分が日本人だからというこじつけでしょうか。普段から「思い込みが激しい」と指摘される私の性格から考えてやっぱり9割方は思い込みなんでしょう。
続きを読む(田んぼの近くには美しい鳥が)
posted by hiroex at 19:28| Comment(8) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
日本→ベトナム→ドバイ→イギリス→中国→日本…と
国境を超えた流れ者生活を送る筆者が、あらためて母国で見つけたもの。
※過去のブログタイトル
「パンダヂカラ」2011年10月〜2012年3月
「英国ソコヂカラ」2007年7月〜2011年10月
「ドバイヂカラ」〜2007年6月
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。