2008年11月07日

飛んでイスタンブール

今日から秋のホリデー。
まずは表題のとおり飛んでイスタンブール♪です。

残念ながらあちらの天気もくもり・小雨というイギリス並みの太陽光線の少なさのようですが、全く初めての街なのでどんな刺激があるのか楽しみ。刺激といえば、少し前にトルコに行った友達に治安どう?と聞いたところ「ま、すぐ囲まれたら走れるようにスニーカーを履いていけばだいじょうぶやろ」とのことでした。…囲まれるって大丈夫違うやん!

イスタンブールの後は半年振りの日本滞在も待ってます!少し長い旅になりますが機会をみてブログもUPする予定ですのでお楽しみに。

では、行ってきます!
posted by hiroex at 17:34| Comment(4) | TrackBack(0) | トラベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月31日

ダブリンでの三食

ダブリンに行くと決まったのは先週の木曜日夜。準備までの時間は三日。その間にやるべきはフライト&ホテルの手配。そして調べるべきは、地理と撮るべきポイント…と出かけたりでパンパンだったので現地でネットで調べたお店に行くことに。
そもそもアイルランドってイギリスのすぐ側だし食事なんて期待できないかな〜なんて期待薄だったのに、さすが私の検索力?!結果、今回ダブリンで食べた三食とも当たり!だったのでご紹介。
queencowlane.jpg

【朝食】
ホテルとフライトがパッケージの安いプランを選んだので宿泊に朝食は付いていませんでした。ホテルで価格を聞いたところフル・アイリッシュブレックファーストで23ユーロ!という驚きの高額設定だったので、迷わず外で食べることに。向かったのはスコーンが美味しいと評判のQueen of tarts。朝からお店は、新聞を読みながら朝食をとる地元の人達や、テイクアウェイの人で溢れていた。続きを読む(朝、昼、夕…三食※昼寝は付いてません)
posted by hiroex at 22:17| Comment(2) | TrackBack(0) | トラベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月30日

ダブリン二日目

天気予報どおり、朝から天気がさえない。でもまだ雨が降っていない間にと昨日日が沈んだ後、暗くて撮影できなかったトリニティーカレッジへ向かう。
trinitydublin.jpg

アイルランドの最高学府は同時に有名な観光スポット。三脚を取り出してセットをしたと思ったら警備員2名登場。「許可はとってるのか?」と詰め寄られ、速攻退散。出だしからつまづいてるよ…。気を取り直して、ダブリンの街を歩き出す。昨日は街の中心地を周ったが、今日はさらに行動範囲を広げてみる。
続きを読む(ありがちなハプニング、10数年前の思い出)
posted by hiroex at 21:14| Comment(6) | TrackBack(0) | トラベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダブリン初日

ヒースローから飛び立ったエアー・リンガスは満席。読書をしている私を、おばさんがわざわざトントンと肩を叩いて話しかけてくる。おばさんは、空港で買った指輪を「いいでしょ♪」とみせてくる、アイルランドの北部に住む妹へのクリスマスプレゼントらしい。その後も、やけに人なつっこくベチャクチャ喋ってくるおばさん。まぁ、旅は道連れというけど、昨日あんま寝てないし寝させてくれ〜と叫びそうになったところに隣のアメリカ人男性が上手いこと絡んでくれて、彼におばちゃんの相手はお任せすることにして一休み。
…ひと休みのはずが、あっという間にダブリン到着。
dublinqueyst.jpg

続きを読む(遊ぶだけじゃないダブリン)
posted by hiroex at 09:22| Comment(6) | TrackBack(0) | トラベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月28日

ここはどこ?

さて問題です。
下の写真をみて判断してください。私は今どこにいるでしょうか?
1028trip.jpg

ヒント;バスのマークに注目。

そんなヒントで分かるはずが無いですね。ただ今イギリスから近く、そして何故だか寒い街に居ます。
続きを読む(答えはコチラ)
posted by hiroex at 23:46| Comment(10) | TrackBack(0) | トラベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月19日

イタリアのお土産

イタリアから帰ってきてショックなのはイギリスの気候。涼しいを通り越して肌寒いくらい。さすがの薄着国民イギリス人もジャケットやパーカを着ている。私は28度のイタリアから最高気温18度のチェルトナムだからより辛い。暖かなイタリアへの郷愁は募るばかり…そんなきもちを癒してくれるのはイタリアから持って帰ってきたおいしいもの達。
venchi.jpg

北イタリアといえば、チョコレートで有名なんですね。
続きを読む(他にも美味しいもの)
posted by hiroex at 23:46| Comment(12) | TrackBack(0) | トラベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月18日

北イタリア最終日

あっという間のイタリア滞在。最終日の朝になってしまった。
bravillagarden.jpg

いつもの通りプールで遊ぶ男衆に対してひ弱に庭で写真を撮る私。だって庭広いし飽きないんだもの…続きを読む(男の子大興奮の場所へ)
posted by hiroex at 23:08| Comment(6) | TrackBack(0) | トラベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月17日

トリノ観光

朝から電車に乗ってトリノへ!男の子ってほんま電車好きやねぇ。「電車に乗って出かけるんだ〜!」byお兄ちゃん、「ブーブー、ウーゥー」by弟(16ヶ月)とKちゃんの息子達も電車に興奮。さすがヨーロッパの電車全く時刻表どおりではなかったけどトリノに到着。トリノといえば2006年オリンピックの行われた場所。それくらいしかイメージが無かった。しかし前知識無しに歩いた街は思ったよりずっと歴史的で洗練されている。
trinflag.jpg

続きを読む(オシャレな街、トリノ)
posted by hiroex at 22:51| Comment(2) | TrackBack(0) | トラベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月15日

小さな街BRA散歩

BRAの街を散歩。
brasanpo.jpg

一人で歩くので、地図を持参したが、「えーっと」と地図を開けると、そこら辺にいるおばちゃんやおじちゃんがイタリア語で「この道が曲がっていくからそれに沿って歩いていけばいい」と話しかけてくる。もちろんイタリア語解からない私なので、言ってくれてることは想像の範囲ですが。しかも行き先伝えてないのに何故方向を教えてくれる?ま、それくらい田舎でそんなに観光客も見かけないところってこと。もちろん日本人なんてみかけないので物珍しさも手伝ってか親切な人が多い。良い場所だ。
続きを読む(スローフードとBRAの街)
posted by hiroex at 19:52| Comment(8) | TrackBack(0) | トラベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月14日

ヴィラで過ごすゆっくり休日

今回の旅は、一人でいるのはイギリス⇔イタリア往復の飛行機のみ。
というのも、ドバイで仲良かったKちゃん家族が、くそ暑いドバイを離れてヨーロッパのヴィラで過ごす一ヶ月の休みに誘ってもらったから。家族と一緒に過ごすヴィラの休日は賑やかで楽しいわけです。
それにしても「ヨーロッパで会える?」「うん、もちろん。で、どこ?」「イタリアのミラノから2時間位のところ。おいでよ」こんなやり取りを真に受けて本当に出かけてしまう私って…。

トリノから車で1時間。ヴィラはBRAの街のちょっとした高台に建っている。入り口のゲートは自動リモコンにてOPEN。しばらく庭を走ってヴィラに着く。入るまでだけで、子どもの頃描いてたお屋敷のイメージを体現してちょっと感動。
villainside.jpg

続きを読む(歴史上の大人物も滞在したヴィラ!)
posted by hiroex at 15:57| Comment(6) | TrackBack(0) | トラベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月13日

イタリア食の実況中継

トリノ近郊の街BRAに居ます。
itarianwine.jpg

ここ数ヶ月お酒を飲んだらやけに早く酔っ払うので、控えていたのですがイタリアの空気と太陽光線にはワインが似合う。パンと一緒に出てくるスティック状のも美味しい♪
続きを読む(続・おいしいイタリア)
posted by hiroex at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | トラベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月10日

北イタリアへ

さて、もうすぐ旅立ち。続・鬼嫁ひとり旅シリーズです。行き先はイタリア。
友人家族が夏の間借りているヴィラにゲストルームが沢山あるからおいで!って言葉をありがたくお受けして…ぐふふ。どんなところか、何をするのか、何にも解かってない&決めてないのですがきっと素敵なおうちなんでしょう。なんつっても、イタリアはご飯も美味しいしねぇ。体重増加注意>自分。
たぶん後追い報告になりますが、北イタリア報告お楽しみに。
07italy.jpg

写真は、昨年6月イタリアにて。今回はイタリアでも初めての地域なので楽しみ♪
posted by hiroex at 08:13| Comment(2) | TrackBack(0) | トラベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月29日

早起きパリマルシェ

パリを発つ日。お昼頃のフライトだったので早起きすればどこかいける!旅に出るとゆったりと大人の楽しみ方なんてできっこない詰め込み型の貧乏性な私が計画を立てたのはマルシェ行き。これまで行ったことの無いMARCHE D'ALIGREにて。
cocosud.jpgmarcheyaoya.jpg

続きを読む(早起きの結果は…)
posted by hiroex at 17:33| Comment(6) | TrackBack(0) | トラベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビストロとパリ夜景

互いに別行動をマイペースで楽しんだ後は夕食。マイペースといえば夫は超人的な距離を自転車で走ってた。東のバスチーユから西の端のブローニュの森まで、あの暑い中そこまで走るとは!よかった一緒に行動せんで…
parisbike.jpg

さて今回のパリ最後の夜のレストランはL'epi Dupin。今回宿泊したモンパルナスから近くて前からもってるガイドブックに「行きたいレストラン」としてメモが挟んであったのだが、どういう経緯で目に留まったのか全然覚えていない。レストランがあるという通りに向かえば向かうほど人通りも無くなって行く。大丈夫か?とおもったところで、狭い店内がお客で溢れているビストロ発見。
続きを読む(裏通りのビストロとパリベストな夜景)
posted by hiroex at 16:28| Comment(2) | TrackBack(0) | トラベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月28日

パリの自由時間

パリのおめざはカプチーノ。あえて、朝食を頼んでいないのにはワケがある。
morningcafe.jpg

もちろん朝食を摂らないと死ぬと公言してはばからない私。別に食べたのです。
続きを読む(お一人様のお楽しみ、パリ)
posted by hiroex at 18:46| Comment(6) | TrackBack(0) | トラベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビバ!パリチャリ

velib.jpg最近パリに行った方なら目にしたことがあるだろうこの自転車。いや、これはもう文句なしに絶賛したくなる代物です。実際パリの後帰った日本にて「パリどうやった?何したん?」と聞かれるとまずいの一番に「自転車でグルグル走り回った」と答えることになるのだ。今回のパリ滞在惜しむらくはこの自転車に乗るのが1日半遅れたことっていっても過言で無い。
続きを読む(もう自転車なしのパリは考えられない?!)
posted by hiroex at 17:28| Comment(6) | TrackBack(0) | トラベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月27日

予想しなかった敵@パリ

parisbw.jpg

午前中いっぱいルーブルで歩きつかれてフラフラ。
…と外にでて歩き始めた途端に大コケ。歩道にあるタイルの穴にはまってしまった。一緒に外出したことのある方ならよくご存知の通り、未だに、どこかにぶつかったり、こけたりの連続。よりにもよってパリにて上を向いて歩いていて、いつも以上に派手にこけてしまった。続きを読む
posted by hiroex at 18:49| Comment(2) | TrackBack(0) | トラベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ご無沙汰ルーブル美術館

翌朝一番で向かったのはルーブル美術館。久しぶりです。
パリの真ん中にどどんと構えるルーブルはパリ観光の中心。でもパリにはもっと好きな美術館が沢山あるのでどうしても後回し。ってことで11年ぶりのルーブルです。
lourefrominside.jpg

ちなみに、hiroex的パリのミュージアムベスト5は、オルセー美術館、ピカソ美術館、ロダン美術館、オランジュリー美術館、マルモッタン美術館。はい、申し訳ないですがルーブルの入り込む隙間無し。その理由は「でかすぎて短期滞在での鑑賞にはむかない」「観光客が多すぎる」など色々あるんですが、やっぱり初パリ観光には欠かせないもんだからね。…と、これだけ勝手にルーブルのマイナスポイントを書き連ねておいてなんですが久しぶりのルーブルは意外とよかった。続きを読む
posted by hiroex at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | トラベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月26日

パリ、贅沢な夜

gateatnight.jpg凱旋門近くのヴィトンの前にて待ち合わせをしたのは夫の友人。パリ勤務の彼に「美味しいもの食べに連れてって〜」と一方的なラブコールを送り晴れて実現したのだ。

パリのレストランがOPENするのはほとんど20時ごろなので近くのバーでまずは一杯。オープンカフェ調のオシャレなお店で座ったのはテラス席。歩き疲れもあってホッとしたのも束の間、ワタシの手の甲に違和感が走る。私の手の上に乗ったのは鳥の糞でございました。食事前の方スミマセン。不幸中の幸いで、ドライ気味な糞だったのでパッと払ってトイレに直行で話は済んだのですが、手についたのがウ○コだけに、今晩の幸運に心が昂ぶる。
あ、ゴメンつまらんかったよね。関西人の片隅にも置けないしょうもなさ。海外在住でなまってるんです、お許しを。ま、ワタシの寒い話は置いといて…
続きを読む(絶品シーフードとパリらしい夜景)
posted by hiroex at 22:40| Comment(2) | TrackBack(0) | トラベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月25日

基本に戻るパリ

私にとって、ここ3年で4度目のパリ訪問。1年足らずのヨーロッパ在住を差っ引いても贅沢な回数だ。比して夫は、パスポート中判子でいっぱいのくせにパリは今回が初めて。そうやよねぇ、ほとんどが出張関係なんだよねぇ。すみません、私ばっかり遊んで…ということでパリに着いてからはパリ中級者(自称でしかないけど)として即席ガイドさんに変身。
notredparis.jpg

まずは基本のノートルダム寺院からスタート。続きを読む(パリ観光はじまり、はじまり〜)
posted by hiroex at 18:01| Comment(4) | TrackBack(0) | トラベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
日本→ベトナム→ドバイ→イギリス→中国→日本…と
国境を超えた流れ者生活を送る筆者が、あらためて母国で見つけたもの。
※過去のブログタイトル
「パンダヂカラ」2011年10月〜2012年3月
「英国ソコヂカラ」2007年7月〜2011年10月
「ドバイヂカラ」〜2007年6月
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。