2013年04月28日

湘南しらす事件

DSC_2127.jpg

三浦半島の付け根。葉山の近くの秋谷にて購入した釜揚げしらす達。このしらす、普通に市場で出回っているものとぜんぜんものが違います。
フワフワだし、添加物を塩以外使っていないのでしらすの味が全然違う。食感もふわっふわ♪
購入したのは「紋四郎丸」さんの直売所。

それが、とんでもなく細くて曲がりくねった道の先にあり、すっかり子連れドライブ族となっても運転の地震の無さは変わらない(少しは上達しろよ)私は、行く道すがら「あーなんでこんなところ来たんだろう。スーパーでも釜揚げしらすは売ってるし十分美味しいよ」と自分に言い聞かせたのだが、お店について美味しそうなしらすの山盛りの様子にテンション上がり、釜揚げしらす→ちょっと乾燥させたしらす→じゃこ&沖漬けの順で2週間ほどフルコースで食べられる状態にお買い上げ。気分良くなっていざ家に帰るぞーと来た道を戻って家に帰る。

…はずでしたが、やっちゃいました。
下り道のカーブを曲がりきれず、車体が乗り上げて車が身動きとれず立ち往生。もちろん細い道だったので、前後の車も巻き込んで大渋滞の大迷惑状態。詳しい状況を書ききると夜が明けるのだが、足止めをくらったおばちゃん達は激怒。110番すれども警察はなかなかきてくれず。ロードサービスを頼んだが、道幅が狭すぎてレッカー車入れず。(後で聞いたところタクシーも曲がろうとしない道だったらしい、そんな道に挑んだ私ってほんま身の程知らずのアホ)レッカー車が手段としてありえないので普通車でくるが動かす保証なしと脅され到着は40分以上かかるとのこと。その原因はすべて私。土下座の勢いで周りに謝るくらいしかできないし、車の中には二歳児もいるし。

まさに八方ふさがりの状態をすくってくれたのが、さきほどの紋四郎さんでした。おじさんは「あー!大渋滞になってるよって、来てみたらあんたかよ!!」と言うと同時に「こりゃ業者なんか待たずに動かしちゃった方が早いよ」と言い、漁師仲間やら渋滞に巻き込まれた男連中、後から駆けつけたお巡りさんも総動員してくれての人力持ち上げ移動を開始してくれた。よいしょよいしょと言いながらやっと車が動き出したのです。ほんと紋四郎さまさま。漁師ってイメージだけでなく実際男気溢れる素敵なお方が多いんですね。本当に助けられました。あの場所でも、力いっぱいお礼を言ったが、本当に何度頭を下げてもさがりきらないくらい。
DSC_2131.jpg

その後、無事家に帰りついて作ったご飯のメインはしらす丼。温卵のせにしてみました。
もちろんモノが良いのですが、昼間に秋谷漁港近くでやってしまった立ち往生事件を思うと余計に味わい深いしらすご飯でした。とびきり美味しかったし、改めてお礼を言いたいのでもう一度訪ねたい。しかしあの細道を思うと尻込みせざるを得ない難所にあるのが絶品しらす直売所なのだ。紋四郎さん、本当にありがとうございました。
posted by hiroex at 00:30| Comment(5) | TrackBack(0) | グルメ(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
たいへんでしたね。読んでいる私まで冷や汗が出てきそうです。
しらすご飯を食べるたびに事件の記憶がよみがえってきそうですね(笑)。
笑いごとではありませんが。
Posted by Sparky at 2013年04月28日 16:36
大変なことになっちゃったんですね><
でも親切な皆さんのおかげで助けてもらえて良かったです。
とっても美味しいしらすを作られる紋四郎さん、男気溢れるいいかたですね^^
心が温かくなりました。
Posted by Saori at 2013年04月30日 20:00
Sparkyさん
ほんと、冷や汗というより全身鳥肌立ってたかもしれません。しらすは娘の大好物なのですが、食卓に出すたびにあの時の途方にくれた感覚がもどってきそうです、汗。
Posted by hiroex at 2013年05月04日 00:23
Saoriさん
本当、捨てる神あれば拾う神ありで周りに助けられました。漁師って今までなんとなくの雰囲気で男気溢れる方と思っていたのですが、紋四郎さんでイメージが実物大になった瞬間でした。ちなみに最初に通りかかったのは何故か西洋人の男性だったのですが「助けてもらえませんか?」というと「あなたが失敗したのにどうして私が助けなければいけないのですか?腰が悪くなったらどうする?」と言われかなり凹みました。私もこの恩返しに身の回りで出来る人助けからするぞ!とこころにきめましたよ。
Posted by hiroex at 2013年05月04日 00:39
とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
Posted by 履歴書の職歴 at 2013年08月31日 12:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
日本→ベトナム→ドバイ→イギリス→中国→日本…と
国境を超えた流れ者生活を送る筆者が、あらためて母国で見つけたもの。
※過去のブログタイトル
「パンダヂカラ」2011年10月〜2012年3月
「英国ソコヂカラ」2007年7月〜2011年10月
「ドバイヂカラ」〜2007年6月
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。