2013年04月10日

懐かしの…あの人?!

DSC_1598.jpg

このお方…幼いころ藤子不二雄で育った世代にはすぐに名前がでてくるのではないでしょうか?
そう、ラーメン大好き小池さんです。
こちらが食べられるのは藤子・F・不二雄ミュージアムのカフェ。展示内容はまぁ子供が楽しめるものが殆どなのですが、親にとってはこんな懐かしい見た目が揃うテーマカフェが楽しみでしょうか。
DSC_1597.jpg

飲み物もこんなので出てくると嬉しくなっちゃいますよね。
ってか、これって型抜きしたのでココアを降ればできるんだから、家でも出来る?!いやそんなことやっぱり家ではやらないので外でのお楽しみで。
DSC_1595.jpg

お子様をお持ちの方、気になるお子様ランチはこちら。横にチラッと写ってるどら焼きまでもがフルサイズで着いてくるので結構なボリューム。
DSC_2129.jpg

子どもの頃、ドラえもんが出してくれたらなぁなんて思った暗記パンまでもがあるんですよ。なんてテンションあがって、母娘二人で食べまくったわけではないですよー。一緒に行ったお友達の分も撮らせてもらいました。味はそっちのけのビジュアル系グルメ報告、ここまで!

ところで漫画といえば、子どもってやはりキャラクター好きですよね。しかし、テレビの中には色んなキャラがいて一緒にみていて「ん?!」てのも。具体的にはNHKのロングセラー番組「おかあさんといっしょ」なんですが、そのなかに出てくるキャラで私がとてもひっかかっているキャラがいる。3匹いる動物キャラの中で一番心は優しい、名門のおぼっちゃまなんだが、根性がなく怖いものがおおく、ジャンケンや勝負ごとに滅法弱いのがいるのだが、そのキャラがいつも「もう無理〜〜!」と叫ぶ。何だかなー。この番組見てるのって2歳〜4歳ごろであって、日々出来ないことが出来るようになる超発展途上な時期なワケでこの「無理!」と投げ出すこと、投げ出さずともそれを口にすることはNGなお年頃。そんなターゲットに向けて何故あのインパクトの強い「無理!」を連呼させるのだろう?しかも本人があまり努力せずに周りが歩み寄ったりなんとなく状況が許してはいOKみたいなつくりになってるのも気になる。まぁ子供の番組くらいでそうカリカリせずとも…というお言葉もごもっともだし、気に入らないから見せなければという意見もしかり。しかし現状本人が観たいと言って、見せている番組って教育テレビの数えるほど…そんな親って多いと思う。もっと考えてくれてもいいと思うんだけどね。もう「ゆとり」の時代も終わったのだから、考えてください「教育」テレビさん。
posted by hiroex at 20:24| Comment(5) | TrackBack(0) | グルメ(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わぁ、スゴイ!!と目を見開いてしまいました。味はともかく、テンション上がりますねコレ!! 子供の為ってよりも、自分の楽しみの為に行ってみたいですわー。

あの3匹の動物キャラって、そんな性格だったですかぁ。確かに、諦めキャラをやたらアピールされるのは嫌かも。反面教師を狙ってるのかなぁ?でも、そこまで理解できる年齢層でもなく。微妙な心境よく分かります。ウチは戦隊モノが好きになってるので、やたら乱暴な言葉とかが気になったり。ちょっとは、口うるさいPTAのおばちゃんの気持ちも分かってきたかも(苦笑)って、気づけば自分もおばちゃんですからねぇ。。。
Posted by sacchila at 2013年04月12日 00:00
はじめまして!愉しく拝見させていただいています。

名門ジャコブ家の彼、初めはキャラに驚きましたが、だんだん、NHKさんもいろいろ考えているんだなあと思うようになりました。
五歳になる息子は、日本語で遊ぼの、「みんな違ってみんないい〜♪」が大好きです。
そういう子もいるんだって考えるのも、悪くはないと思います(^_^)
Posted by erieri at 2013年04月12日 01:19
名門ジャコブ家の彼、初めはキャラに驚きましたが、だんだん、NHKさんもいろいろ考えているんだなあと思うようになりました。
五歳になる息子は、日本語で遊ぼの、「みんな違ってみんないい〜♪」が大好きです。
そういう子もいるんだって考えるのも、悪くはないと思います(^_^)
Posted by erieri at 2013年04月12日 01:20
>sacchilaちゃん
えー、息子くんにはずっとジブリOnlyで行ってほしかったのに、戦隊モノに毒されてしまった?!結構残念かも。
私はキャラクターついたダサい服とか靴とか小物とかを欲しいって言われるのが嫌という完全な親の好みで、公園で遊んでくれるお姉ちゃんが夢中なプリキュアの存在を知られぬように苦慮してるよ、笑。けどやっぱり幼稚園とかで子ども同士の時間が増えるにつれ嫌でも知れてしまうのかなぁ…ぶつぶつぶつ。
Posted by hiroex at 2013年04月13日 00:06
>erieriさん
たしかに良く考えてみれば私が子供の頃見ていたドラえもんののび太なんて全然駄目キャラでしたよね。怖がりだけど気が優しい子に皆で優しくするってのを教える機会なんだと思えばよいのですが、あの「無理―」を連呼するのだけはやっぱりやめてほしい、ワガママ親です。
Posted by hiroex at 2013年04月13日 00:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
日本→ベトナム→ドバイ→イギリス→中国→日本…と
国境を超えた流れ者生活を送る筆者が、あらためて母国で見つけたもの。
※過去のブログタイトル
「パンダヂカラ」2011年10月〜2012年3月
「英国ソコヂカラ」2007年7月〜2011年10月
「ドバイヂカラ」〜2007年6月
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。