2012年10月27日

充実の高原リゾート・清里

あやうく更新なしのまま一ヶ月経つところでした。もうすぐホリデーに出発なのでその前に先月行った旅行のことをUPします。清里。言わずと知れた高原リゾートですがこれが良かったのですよ。
kiyosatofarm.jpg

第一に自然との距離。
taki.jpg

簡単な二歳児でも頑張れば歩ける程度のトレッキングコースが整備されていて、自然を満喫できる。
滝、見晴らし台などテーマ別に整備されてるので「次はどこ歩こう?」と楽しめるんです。清里を訪れたのは9月中旬、まだまだ神奈川は暑い日々でしたが、随分涼しく、上の滝で少し水遊びをしただけで寒ーくなってしまうほどの冷え具合。やっぱり夏は高知に限りますね。
treckingroad.jpg

次に気に入った理由は歴史とこだわりがあるリゾートであること。
paulshome.jpg

今でこそ有名なリゾートとして名を馳せる清里だが、明治期は貧しい寒村の代表のような場所だったらしい。その状態を開拓した中心人物がポール・ラッシュ。彼についてはリンクに詳しいので略する。"DO YOUR BEST,AND IT MUST BE FIRST CLASS"という言葉を遺した彼の心意気が今にも伝わってる場所が清里だった。※上の写真はポールラッシュが晩年を過ごした部屋。

そして最後の気に入った理由は…もうお分かりですね。美味しいものに出会えたこと。
musrooms.jpg

コチラはきのこ天ぷら定食。仙人小屋というエリアの食べログ評価でダントツトップの凄いお店。なにが凄いかって、例えば店主が捕まえてきたイノシシが飼われていてその檻には「近づくと噛みます、手がもげます」と超ワイルドな文言が書かれている。ほかにも「何月何日熊獲れました」とか、メニューも鹿や猪からイクラまですべて自前で猟もしくは漁をしたものが食材になっている。私が食べたきのこももちろん近辺で採取したもの。今年はきのこが不作らしいが、客に出す分はなんとか確保とか書かれている割にはものすごい量。キノコ汁も合わせて、普通のひとの一ヶ月分くらいのきのこ量は食したのではないでしょうか?私の場合、かなりのきのこ好きなのできのこ一週間分をこのランチで食べた感じかな。うちの二歳児もキノコ汁がいたく気に入って「ヌルヌルのきのこもっと食べる〜」とひたすらきのこを食べ続けてました。

いきなり変わり種から紹介しましたが定番ものも食べました。
softcream.jpg

清泉寮の名物・ソフトクリーム。ジャージー乳を使ってるだけあり濃厚。この日は夕方に食べたのだが、翌日いって昼間のソフトクリーム目当ての行列に驚く超人気ソフトです。
fruitstea.jpg

八ヶ岳倶楽部で飲んだフルーツティーも美味しかった。お茶にしては高額なのでコストパフォーマンスは正直なところ悪い。(イギリスに住むと高い紅茶ってなんだか紅茶って感じがしないんですよね、もっと日常的なのが紅茶のはず)しかし一度試してみる価値ありの味だった。二度目以降は自分で試してみればよいかな。
DSC_4320.jpg

こちらは蒲焼と白焼き二種楽しめる鰻。清里ではなく小渕沢だったがここ井筒屋も超人気店。八ヶ岳の地下水で鰻の身を〆てから調理に入るのがこだわりらしい。なかなかのもんでした。

とにかく盛りだくさんだった清里。実はこの前後に避暑地系観光地に二箇所行ったのですが(軽井沢、山中湖)そのなかでも清里が一番気に入った。あくまで個人的好みなので参考までですが、これをご覧の皆様も機会があれば是非。
posted by hiroex at 01:57| Comment(3) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
hiroexさん、お久しぶりです。日本でもあちこちお出かけのようですね。
さすが!

今回の記事、ウォーキング好きで食いしん坊の私にはたまりません。
ワイルドなお店に興味津々です。ソフトクリームは、旅行先で
ご当地ものを食べるのが好きでした。イギリスでもご当地ものを
作ればいいのに、と思います。
Posted by Sparky at 2012年10月27日 17:43
ひろえちゃんはいつも健康的で子供には素晴らしい環境にしてるよねぇ。
私もきのこ大好き。颯真はあんまりやからうらやましわぁ。
Posted by パック at 2012年10月28日 22:32
この仙人部屋!
先日、「秘境めし」としてテレビに出てたよ〜。自然も食べ物も良いなんて素敵なところやね。私も機会があれば行ってみるわ〜。
っていうか清里ってどのあたりだ?!
Posted by ロン at 2012年10月29日 09:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
日本→ベトナム→ドバイ→イギリス→中国→日本…と
国境を超えた流れ者生活を送る筆者が、あらためて母国で見つけたもの。
※過去のブログタイトル
「パンダヂカラ」2011年10月〜2012年3月
「英国ソコヂカラ」2007年7月〜2011年10月
「ドバイヂカラ」〜2007年6月
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。