2012年07月19日

海の幸

jogashima.jpg

やっぱり日本に帰ってきたからには美味しい魚が食べたいしーと思い立って海へ。
日本と言えば、やっぱり生の魚!お刺身もお寿司も大好きな私だが、気にしぃで保守的な私は一歳児に生の魚をまだ与えたくないので、せっかく帰国してもなかなか行く機会がない。しかし今日ばかりは、公園で思いっきり走って疲れさせ、好きなパンを入店前にバクバク食べさせて、お昼寝時間になってから入店。お店は三浦半島の先端近くの松輪エナヴィレッジ。漁協組合直営、満席により20分ほど待って入店と期待MAXにて席に着く。
sabashirasu.jpg

迷いに迷って決めた「炙り鯖と生しらす丼」。松輪は鯖の一本釣りで有名で、釣り上げてから滞空時間1.3秒で輸送状態に入る地元漁師さんの神業で取れた鯖は脂がのって全国的にも有名なそうな。うん、確かに美味しい。最近流行っているのか海の近くではよくみる生しらすも多分初めて食べたが新鮮で美味しい♪と幸せに浸っていると炙り鯖を食べた夫が「旬が秋なので期待はしてなかったが、やはり油ののりがいまいちだし身も締まってない」と通なコメント。ただただ物珍しさに美味しいとバクバク食べてた私はやっぱりグルメじゃなくってただの食いしん坊決定…恥。まぁ美味しかったからいいんです。
misakifes.jpg

こちらはお昼の後、寄った三崎にて。お祭りをやっていたのでちょっと散策。
foodgod.jpg

おっ、食の神様だって。それは食いしん坊必須参拝の神様かもしれないと思いつつ、屋台を見学している間にお参りをすっかり忘れて帰路についてしまった。
maguro.jpg

そうそう三崎といえばまぐろですよね。さすがにお腹いっぱいだし、遊び過ぎて疲れがピークだった娘に晩御飯のまぐろに付き合わせる根性は無かったので今回は断念。ぜひ次回、近いうちに!と思ったが夏の三浦半島からの帰り道の大渋滞にてヘトヘトに疲れ、しばらく三浦半島はお預け決定。あぁ美味しいものがあるのは解ってるのに悔しいな。
posted by hiroex at 23:08| Comment(4) | TrackBack(0) | グルメ(日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
さすが hiroexさん!日本のグルメ満喫ですねー。ほんと、美味しそう!! やっぱ日本の魚介類は最高ですね。こんな美味しいモノがあったら、そりゃ子供なんとかして食べたいですよ。私も全く一緒のタイプです(笑)そして美味しかったら満足というただただ食いしん坊であって食通ではない点も!!いや、でもhiroexさんは十分食通だと思います。これからもグルメレポ、ヨダレたらして楽しみにしてます! 
Posted by sacchila at 2012年07月23日 15:06
>sacchilaちゃん
グルメな発言にも憧れるんだけど、実際食べ物を前にするとガッついてしまう自分がいるんだよね。
それにしても子供の味覚ってわからんよね。うちはコンビニのおにぎりは拒否して家で握ったおにぎりは食べるから「母の味解ってる?」と思いきや、回転すしの安っぽいフライドポテトを美味しいと食べたり…勝手に期待してる母があかんのかな?
あれ?全然違う話になってしまったわ。
Posted by hiroex at 2012年07月29日 23:37
いつの間にか日本に帰っていたんですね。
しばらくブログ冬眠していたので(笑)、いまお邪魔して読み漁っているところです。
また日本からの楽しい記事発信楽しみにしていますね。
それにしても海の幸の写真は罪すぎる、じゅるっ。
Posted by fuchsia at 2012年09月23日 06:19
fuchsiaさん
ご無沙汰してます。そうなんです、いつの間にか日本在住になりました。私にとっては主婦になって初めての日本なのでいろいろ刺激的です。
海の幸、美味しくって安いですよー。その分、カタマリ肉はあんまり見かけないですけどね。今頃ヨーロッパの食べごたえあるお肉が恋しい私の胃袋…。
Posted by hiroex at 2012年09月28日 01:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/281976386
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
日本→ベトナム→ドバイ→イギリス→中国→日本…と
国境を超えた流れ者生活を送る筆者が、あらためて母国で見つけたもの。
※過去のブログタイトル
「パンダヂカラ」2011年10月〜2012年3月
「英国ソコヂカラ」2007年7月〜2011年10月
「ドバイヂカラ」〜2007年6月
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。