2012年02月15日

商家に伝わるお雛さま

7steps.jpg

バレンタインもよいですが、やっぱり大和撫子の心の故郷はお雛祭り。せっかく日本にいるので由緒正しいお雛さまを!と東近江・五箇荘へ。商家につたわる雛祭りと題して近江商人屋敷に代々つたわるお雛様が展示されているのだ。
こんな味のある路地を歩いているだけで、期待度が高まる。
gokasyo.jpg

ふと足元を見ると立派な鯉!誰が餌をやっているのか巨大な鯉たち。こんなにたくさんの鯉を太らせている近江商人のお宅は立派に違いないと期待はさらに膨らむ。
carpkoi.jpg

期待度MAXに高まったところで商家へお宅訪問。ひろい座敷が裕福さを感じます。
oumisyouninyashiki.jpg

広いお屋敷のところどころにお雛様が。
gotenkazari.jpg

一番最初に飾った見慣れた段飾りと違ってこちらに200年以上前から伝わるお雛様は御殿づくり。御所の形を模して造られたそれこそお内裏様とお雛様を表したものがその昔は主流だったらしいが明治の半ばごろから段飾りに押されて消えていったとのこと。へぇ〜と勉強させてもらいながら、本当の昔ながらをずっと変わらず保存してくださってたお家に感謝。

こちらのは御所のお庭の掃除係の人までついてる。昔のお嬢様達は超高級レゴ感覚でお雛さまをみてたのかな?
gotensoujihu.jpg

娘は広い座敷に興奮しつつ、座布団に座ってお庭の雪見。1歳児にしては渋い趣味。
niwami.jpg

この日は三軒の商家をお邪魔させてもらったのだが、とにかくお雛様が沢山。なかなかレトロなモノやら。
edohina.jpg

地元の人形作家さんが作った創作雛もなかなか素敵。お雛祭りの本番には震災に遭った皆さんを励ますためにはるばる東北まで行く予定とか。
sousakubina.jpg

お雛様見物も楽しいがお宅訪問がなにより楽しい。ここではお雛さまよりも横にある古い型のミシンに注目。
hinamisin.jpg

日本に帰って来て、ベタに朝ドラにはまっているのですが(これが結構面白いんですよ、奥さん!)まさにドラマに出てくるミシンがこんなんですよね。ちなみにこのドラマを一緒に見てるからか最近娘は私のことを「おかあちゃん」と呼びます。しかも大阪弁で…。

こういう暮らしのある感じのお宅訪問が大好きな私。ミシン以外にもお椀やお膳がいっぱいあった蔵とか、何十人分のご飯が炊ける大きな釜のある台所など見どころ沢山。娘も探検気分で階段を登ったり、松の一枚板でできた床をトントンを足ふみして音を楽しんだりとなかなか満喫していた様子。
snowgarden.jpg

雪の積もったお庭の見物もし、大満足。やっぱりお雛様いいな、日本文化バンザイ♪
posted by hiroex at 22:40| Comment(3) | TrackBack(0) | 日本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
御殿造りのお雛様、初めて拝見しました!人形が生き生きしているようで素敵ですね!こういうの、実はツボにはまりすぎて、悶えそうです(笑)。

数年前、柳川の雛祭りでも江戸時代など昔のお雛様が一堂に集められて展示されていましたが、こんな御殿造り風な飾り方をしている物はなかったので、興味深いです。
Posted by pandax at 2012年02月16日 00:57
>pandaxさん
今思えば、この御殿づくりのお雛さまってイギリスのドールハウスと一緒ですよね。やっぱりお金持ちのお家は女の子のために精巧なミニチュアのお家を作ってあげたくなるものなのでしょうか?
柳川も素敵な街並みが残ってそうですね。九州未開拓なので色々気になるところがいっぱいです。
Posted by hiroex at 2012年02月16日 21:30
どれも素敵なお雛様だねぇ。こういうおでかけって女の子だから盛り上がるよねぇ。うちは男の子やから出さないけど、私のお雛様どうなってるんだろう。
朝ドラって岸和田のん?大分県に遊びに行った時に見たわぁ。また今月末に行くから見るかも。
Posted by パック at 2012年02月18日 23:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
日本→ベトナム→ドバイ→イギリス→中国→日本…と
国境を超えた流れ者生活を送る筆者が、あらためて母国で見つけたもの。
※過去のブログタイトル
「パンダヂカラ」2011年10月〜2012年3月
「英国ソコヂカラ」2007年7月〜2011年10月
「ドバイヂカラ」〜2007年6月
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。