2012年01月23日

再び大晦日@香港

fromstarferry.jpg

明日は旧正月ですね。日本でやっとお正月気分も抜けた私達ですが、旧正月は香港にて家族三人集合しております。あらためまして皆さま、Happy New Dragon Year!!!
一歳を過ぎてからと言うもの一ヶ月に一回以上のペースで飛行機に乗り続けている娘ですが今回の旅は伊丹発羽田経由香港行き。マイルを使って楽をしたかった母に便乗し、生意気にも一歳にてビジネス初体験です。幼児連れのビジネスは嫌がられるとか言いますが、旧正月にホンマに仕事で行く人も少ないだろうし、こちらもちゃんとチケットを持ってるんだからビビることはありません。とか言いながら、せっかくの初めて使う羽田発国際線ターミナルにて、ビジネスラウンジを使わず、キッズスペースで娘を遊ばせちゃう当たり結構弱気だったりもします…。ま、子連れになるとそんなもんですよね。
jalappetiser.jpg

機内にて。先にオーダーしていた子供向けご飯を結構な量食べて寝かそうと目論んでいた母の心を読んだのか、まったくもって食べ終わった後も元気。私の食事を横取りしてバクバク食べているまさに親の子だなぁとおもえる食欲を見せる娘。(写真は前菜ですが、メインは別ですが三分の一位食べられた…)

さらにせっかくフルフラットシートがあっても全然寝ないでご機嫌に遊び続けやっと眠りについたのは到着5分前。チーン、飛行機で眠ろうとしていたのに夢破れた母。子どもってなんでこんなパーフェクトに思惑を外してくれるんでしょうねー。まぁ、寝なかっただけで元気に笑って遊んでたから良しとするか。香港空港に到着後、無事ダンナと合流し興奮する娘。あれ?眠ってなかったのに、やっぱ父親パワーは強いね。ホテルにチェックイン。別に部屋でゆっくりもしてないのにすぐに食事の時間に。なんで旅行の初日ってこんなに速く時間がたってしまうのでしょう。

早速、香港通の友人にもらった美味しい店リストを片手に香港散策。となったのですが、今晩は大晦日。いきなり旧正月の洗礼にあい、行く店行く店「22日〜25日まではお休み」の掲示にガックシ。たまにオープンしてても予約でいっぱいとのことで、またまたガックシ。
lunamisoka.jpg

ホテルのレストランなら年中無休だろうと選んだのはルネッサンスハーバービューにある中華(もちろん!)満福楼。ここからは言葉は要りません。食べたものをどうぞごらんください。
birdsnestsoup.jpg

いきなり高級素材、燕の巣と蟹のスープ。娘が猫舌のくせに「もっともっと」と異様な食いつき。一歳児で燕の巣とはやっぱり生意気。
dynastymain.jpg

海老&葱とガーリックの炒めものと酢豚。香港で最初の食事と思うとめっちゃ普通のオーダーをしてしまった。けれども当たり前のものがめちゃくちゃ美味しいから香港って素敵。ちなみに北の中華は味が濃すぎる上に油っぽ過ぎて全然口に合わなかったが、香港の味付けは薄味。関西育ちのお上品な(←勝手に言っとけ)私の舌にぴったりきくる。お上品舌二号の娘も「エビ、エビ」と言いながら美味しそうに食べたうえに、酢豚もピーマンを避けつつパクパク食べていた。
sogomango.jpg

帆立とアスパラの炒飯を頼んだのだが写真を撮り忘れてしまったのでデザートの楊枝甘露(マンゴーとグレープフルーツ、タピオカがええ感じに混ざった冷たいスイーツ)。もちろん私と同じく甘いものに目がない娘と奪い合うように食べてご馳走様。

やっぱり旅の醍醐味は美味しいものを食べることですねぇ。幸せ。すっかり更新ペースが落ちてたブログですが、この美味しさの力を借りて頑張ります。香港の旅の続きのご報告お楽しみに。
posted by hiroex at 00:07| Comment(2) | TrackBack(0) | トラベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今年もバシバシおいしいもの記事をお願いします。ぷりぷりした海老がおいしそうですね。
娘さんがうらやましい(笑)!! 

帆立とアスパラの炒飯も見てみたい(いや、食べてみたい)です。昨日、「帆立って
ゴムみたいだから嫌い!」と言うイギリス人女性に会い、「火を入れすぎているからよ。」と
(口に出しては言えず)心の中でつぶやきました。


Posted by Sparky at 2012年01月23日 19:29
>Sparkyさん
海老もりだくさんの旅から戻ってきてしまいましたー。炒飯は娘の大好物なので、テーブルに登場するとすぐに食べさせろと大騒ぎなので写真に毎度撮ってる余裕がないのです。
イギリス人に食べ物のテクスチャーについていう資格はないですよね。あの茹で過ぎブロッコリーを美味しいと思っている人種に帆立のジューシーな味わいが解るとはおもえません。
Posted by hiroex at 2012年01月28日 22:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
日本→ベトナム→ドバイ→イギリス→中国→日本…と
国境を超えた流れ者生活を送る筆者が、あらためて母国で見つけたもの。
※過去のブログタイトル
「パンダヂカラ」2011年10月〜2012年3月
「英国ソコヂカラ」2007年7月〜2011年10月
「ドバイヂカラ」〜2007年6月
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。