2011年09月17日

ピサ

イタリアに居たのは大分前のようでまだ一ヶ月。そうこうしている間にいつの間にか中国に住んでる気がするが、いつのまにか住めるほど引っ越しは楽じゃなさそうだ…。忙しさにかまけてブログの更新が遅れているだが、短い文章でもいいから、とにかくなるべくUPすることを当面の目標にして、少し前のことからUPしていく。
※コメントのお返事遅れてすみません。時間を見つけてお返事したいと思いますのでしばしお待ちを。
pisacathedral.jpg

さて、前回紹介したゴージャスヴィラに滞在しながらも、街中へのお出かけもした。行先はピサ。大学の頃卒業旅行で友達4人と参加したイタリア周遊の旅。イタリアを半月で縦断するツアーはほぼパッケージだったのだが、フィレンツェで一日のフリー時間。その時に自力で電車にのって訪ねたのがピサだった。イタリア語しか通じないカフェのようなところで食べたティラミスが美味しかったのが今でも覚えてるなぁ…なんて甘い記憶を辿りたつつピサ観光開始。
whitewall.jpg

前日まで10度前後の寒いイギリスで過ごしてた体にはなかなか刺激的な暑さだったなぁ。パーキングの位置からピサの斜塔まで歩くと時間がかかる長さだったのだが、子供たちが文句も言わず猛暑の中を歩いているのに、一番へばり気味なのは私と友達の大人女子二人。街中にある温度計39度となってますけどー!アイス食べたいなぁとか子供のような発言を繰り返しながら最後尾を守る←ただ暑さに負けてダラダラ歩いてただけという説あり。

そんな暑さのなかの行軍だったがやっぱりこれが見えた時にはテンションあがった!
leaningtower.jpg

斜塔、やっぱり傾いてます。
斜塔見学の前にピッツェリアでご飯、娘があまりにお腹が空いて騒ぐ寸前だったので急いでリゾットを食べさせたらよく冷ましておらず超猫舌の娘絶叫というハプニングはあったものの、最終的にはアルデンテのリゾットを気に入ってパクパク食べて母も「わかっとるな」と上機嫌。
pisamosaic.jpg


pisasaidan.jpg

ご飯でお腹を満たしたあとに観光。改めてみるとピサって斜塔だけでなく、聖堂もとても見応えがある立派な建物でした。
posted by hiroex at 04:41| Comment(1) | TrackBack(0) | トラベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
イタリアのリゾットが離乳食として食べれるなんて贅沢でうらやましい〜。私も猫舌だから持ってたより熱いときびっくりするわ。
私、イタリア行ったけどツアーやったからピサは行ってないんだよなぁ。アッシジはいったけど。やっぱり斜塔見てみたい。
Posted by パック at 2011年09月21日 08:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/226316815
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
日本→ベトナム→ドバイ→イギリス→中国→日本…と
国境を超えた流れ者生活を送る筆者が、あらためて母国で見つけたもの。
※過去のブログタイトル
「パンダヂカラ」2011年10月〜2012年3月
「英国ソコヂカラ」2007年7月〜2011年10月
「ドバイヂカラ」〜2007年6月
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。