2011年08月15日

初クリケット観戦

criketfes.jpg

チェルトナムクリケットフェスティバルにて人生初のクリケット観戦。会場はチェルトナムカレッジにて、学校のグラウンドでやるのだから大したことないかと思いきや、色んなスポンサーがついているプロリーグで観客も大入満員でちょっとビックリ。
さてさて、何はおいてもクリケットと思うのだが、なんにしろ初めてなので色々と間抜けな発言をしてしまう。例えば打者のことを野球感覚で「あのバッターがさぁ」というと「あぁ、バッツマンね」と微妙に使う言葉から違う。ちなみにピッチャーのことはボウラーというらしい。あと球審みたいな人が立ってる位置がやけに邪魔な場所に見えるんだけど…。というか、そもそもクリケットは野球の原型になったスポーツと言われているがそもそも別物なので野球用語を持ち込む方が間違ってるんですが。
criket.jpg

ルールを知らないでスポーツを観るの程分かり難いことはない。ちょっとよそ見をしている間に、みんなが拍手して盛り上がったかと思えば、じっと見てて何の変化もないタイミングで選手がめっちゃ喜び書けたと思うとガッカリしてたり全然展開が読めない。いきなり全然常識が通じない外国に来たみたいな感覚。それにしても点数が良く入るなぁ…。

クリケットと言えば数日続く長いゲームで有名だったがこの日のゲームは20/20という一番短いバージョン。しかしそれでも延々と先攻、延々と後攻状態がずーっと続くので、淡々と感じてしまうんですよねぇ。やっぱり時間が長く感じられるぞぉ。
criketcafe.jpg

ってことですっかり途中でクリケットのゲームを楽しむことを諦めた私。出店でワッフルにソフトクリームをたっぷりトッピングたのを買い食いしたり、ポッシュなワンピース着用でお喋りに高じるおばちゃん達や、必死にスコアブックをつけるおじいちゃんを観察したり(これは野球と全く共通、ブツブツ言いながら小さいメモにペンを走らせている)しながらクリケット時間を過ごしたのだった。

それにしてもクリケットってゆっくりしたスポーツですなぁ。だって守備に入っている野手の人達が試合中に観客にせがまれてサインしたりするんですよ、うーん、なんだかこのゆるい感じが英国発祥伝統のスポーツの楽しみ方なのかなぁ?どうも解ってないことだらけのまだまだ謎の多いスポーツ・クリケット。今度見ることがあれば、もう少し予習してから望まなければとちょっと反省。
posted by hiroex at 08:03| Comment(12) | TrackBack(0) | エンタテイメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
確かにクリケットってルールがわかり難いし、ルールを知らないとあんまり観戦も楽しくないですよね^^;
私も最初はぜーんぜん知らなかったので夫が白熱して観戦してるのを横目で見てこれの何が面白いんだ?と思ってたんですが、最近ちょっとルールがわかってきたので、接戦の時などはエキサイトして見たりしてます。
クリケット好きな人はほんとーにはまってますもんねえ、、、
Posted by Saori at 2011年08月16日 00:31
クリケットって名前しか知らなくて無知なのですが、ルールが難しそうですね。
私なら見てる途中で居眠りしそう、笑。

日本滞在記も読みました。
宮古島、素敵ですね。
次回沖縄に行く時は、宮古島を候補に入れます!
あー、また行きたい熱がふつふつと。
実家に帰るより、沖縄に帰りたい〜。
Posted by fuchsia at 2011年08月16日 06:00
>Saoriさん
ルール理解されているのですね。私は実は日本に居た頃、シーズンに何度もタイガースを応援するために球場を訪れるトラキチだったので、ちょっと野球に固定観念を植え付けられすぎてて、なかなかルールを覚えるのに時間かかりそうです。Saoriさんのようにエキサイトできるのはまだまだかかりそう…。
クリケット見るのも良いですが、やってる人の一式道具をそろえるのって結構お金かかりそうだと思いませんか?やっぱりそういうのからかお金持ちのスポーツのイメージがあります。
Posted by hiroex at 2011年08月16日 06:19
>fuchsiaさん
宮古島いいですよーって皆に言いまくって、すでにイギリスに住んでる友達の二家族が真剣に次回帰国時の旅行先に宮古島を考えてくれてます。ぜひfushiaさんも!
じつは今告白しますとfushiaのブログをみて石垣島とだいぶ迷ったんですよ。私は次回は石垣をと考えてます^^
Posted by hiroex at 2011年08月16日 06:21
クリケット、
のルールを何度も夫が説明してくれるのですが、なんだか全然頭に入らないのですよね。
あの白熱感のなさ、が原因でしょうか。
ダーツ(スポーツ?)に近いゆるさ、と言ったら夫に笑われましたが。

白い普段着のようなユニフォームや白衣みたいな審判も、普通のスポーツとはかなり一線を置きますよね。
興味深いスポーツですわ。

Posted by naoko at 2011年08月16日 06:26
はじめまして、こんにちは! エジプトはカイロ在住、8月末〜9月初頭に一週間赤子連れでコッツウォルズ旅行を企画しているものです。
Birlinghamのコテージを借りて一週間のんびりすご予定で、でもやっぱりちょっとは観光もしたいし、おいしいものも食べたいし、と思って調べ物をしていたらこちらのページにたどり着きました。日英いろんなサイトを調べましたが、こちらが情報量も多く、さらに要領よくまとめてくださっていてすばらしいと思いました。特に、我が家もhiroexさんのお宅のように小さな子供(16ヶ月)連れなので、本当に参考になります。イギリスはToddler連れの外食は厳しいのではという心配が払拭されて、ほっとしました・・・。綺麗な写真を見るだけで休暇への期待が膨らみます。お子さんがいらっしゃる中ブログを更新されるのは大変なこともあるかと思いますが、新しく加わった読者として、次の更新を楽しみにしていますね。


Posted by Najito at 2011年08月16日 20:44
こんにちは、はじめまして!
カイロ在住、8月末から一週間コッツウォルズ旅行計画中のものです。
Birlinghamにコテージを借りてのんびり休暇のつもりですが、やっぱりちょっとは観光もしたいし、美味しいものも食べたいし、と思って調べていたらこちらにたどりつきました。日英のサイトをいろいろ調べた中でもダントツの情報量&まとまり方ですばらしいです。特に、我が家も子供(16ヶ月)連れなのでほんとうに参考になりました。英国って子連れの外食はしやすいのかしら、と心配していたのですが、なんとかなりそうなので安心しました。
お子様のいるなかブログの更新は大変なこともあるかと思いますが、また一人ここに楽しみにしている読者が増えました:)
Posted by Najito at 2011年08月16日 21:01
私は、クリケット観戦はまだ一度もないです。ルールが分かり始めるときっと楽しくなりますね。シンガポール在住の時、クリケットやポロの試合会場の近くを時々通っていましたが、観戦するまでには及ばず。シンガはところどころ、英国の文化を受け継いでいます。ちょっと懐かしい気持ちになりました。
Posted by TAKAKI MIHO at 2011年08月17日 10:57
>naokoさん
お返事遅れて失礼しました。
「興味深い」スポーツ、笑。イギリス人が見慣れないものに対していう「Interesting」という表現がまさにあてはまる感じですよねぇ。
そうそう白熱感ないです。途中でティータイムがあるのもなんか力が入ってない感たっぷりですよね。なーんて言ったら真剣に観戦している人たちに怒られそうですが。
Posted by hiroex at 2011年08月22日 05:41
>Najitoさん
はじめまして。コメントありがとうございます。お子様連れのご旅行の参考にしていただけたようで嬉しいです。赤子連れの外食はやっぱりランチを中心に計画することになると思いますので、観光をしたい場所と食べたいものとお店がばっちり合うとよいですね。
もう少しで旅立たれる頃でしょうか?イギリスはすっかり肌寒い日もありますので、上着をお忘れなく。楽しいご旅行を!
Posted by hiroex at 2011年08月22日 05:55
>TAKAKI MIHOさん
シンガポールにお住まいだったことがあるのですね。旧大英帝国領の国ではクリケット盛んですよね。特にインドなどではかなりの盛り上がりの様子、元祖のイギリスよりもずっと人気があるスポーツのような印象があります。
Posted by hiroex at 2011年08月22日 05:58
リング ダイヤモンド [url=http://www.tiffanyexaminationjp.biz/]ネックレス ランキング[/url] <a href="http://www.tiffanyexaminationjp.biz/" title="ネックレス ランキング">ネックレス ランキング</a>
Posted by ネックレス ランキング at 2013年08月26日 16:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
日本→ベトナム→ドバイ→イギリス→中国→日本…と
国境を超えた流れ者生活を送る筆者が、あらためて母国で見つけたもの。
※過去のブログタイトル
「パンダヂカラ」2011年10月〜2012年3月
「英国ソコヂカラ」2007年7月〜2011年10月
「ドバイヂカラ」〜2007年6月
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。