2011年04月16日

コッツウォルズの小さな村めぐり

前回の記事があまりにいけてなかったので、今回はちゃんとコッツウォルズのご案内。3年半も住んでると、お得意案内コースってのがあるもので今回はまさに私が何度も何度も訪ねているルートを両親に案内。
waterside.jpg

水辺にシブく鳥が佇んでいるのはロウアースローター。ガイドブックにはあまり登場しないし、観光用の駐車場もない村なので観光客は少ないですが、私的には近くの人気のコッツウォルズ観光スポット、ボートン・オン・ザ・ウォーターよりもこっちの方がずっと好きな水辺の村。
lowerslt.jpg

村の中心を流れる小川には乗馬のルートになっていて、バシャッと水しぶきをあげて馬が走っていく様子はなかなかカッコええもんですよ。この日も馬がいたのですが、「あ、馬!」と言った時にはおばあちゃんの車がエンストしてバギーの道をとおせんぼ。絶好のしゃったチャンスを逃したのでした…いや、まぁ反射神経の鈍いわたしなのでエンストばあちゃんがいなくっても良い写真が撮れたかどうかは微妙ですが^^;
ladydiana.jpg

こちらロウアースロータ―からアッパースローターに抜けるウォーキング用の道にある札。約30年前、故ダイアナ妃とチャールズ皇太子が来たのですね。そういえば、最近ぐんとロイヤルウエディングに向けた雰囲気が高まってきてますが、いまから30年後もケイトとウィリアムが仲良く過ごされていることを心よりお祈りします。って、なんだかちょっとイジワルな感じな文章ですね、いや心からお二人を祝福してますので誤解無きように。

その後、Daylesford Farmshopにて授乳、兼お茶、兼ショッピングにて立ち寄る。母はカフェで飲んだコーヒーの美味しさに喜び、ショップの食材の高さに驚いていた。たしか朝食に食べたスモークマカレル(鯖)が8ポンドもする!とビックリしていたが、たしか今朝食べたのはテスコで買ったものなので心配しなくてもそんな高級なものはお出ししてませんよ^^
kinghamp.jpg

お昼を食べたのは、ガストロパブKingham Plough。イギリスNo1と名高いレストラン、ファットダックのスーシェフが独立して作ったお店と聞くと背筋が伸びるが、こんなゆったりとくつろげる雰囲気だし、平日ランチだと予約も要らずにはいれるから気楽なもんです。
kinghamfish.jpg

しかし出てくるご飯は本格派。これは私がたべたヒラメのお皿。魚×ほうれん草×トマト×パンケーキのコラボがなんとも言えず美味しかった。父の食べたステーキも少しもらったが最近食べたお肉のお料理の中でダントツトップ。あれはもう一度訪ねて一皿食べてみたいお料理だ。
burford.jpg

この後、訪ねたのはバーフォード。さすがに一日色んなところを廻って娘もお疲れだったのかかなり愚図りまくりだったのだが、娘をプッシュチェアで寝かしつけながら見上げた空の雲一つない青空ぶりが何とも印象的だった。最初の繰り返しだが、この日廻った村やお店は何度もリピートしているがこんな晴天に恵まれたことは、ほとんどないですからね。
posted by hiroex at 06:36| Comment(12) | TrackBack(0) | コッツウォルズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いやーん、やっぱり食べる事には手を抜いてないねー。
メチャクチャ美味しそう。。。その辺にせっかく行ったのに、美味しいガストロパブめしを食べれなかったのが唯一心残りだわー。

↓それにしても、もう動き出しちゃった?
これで、私のやっつけ記事の気持ちが分かるでしょう?写真と「っ!!!」とか「おおおおーっ」とかの叫びだけで記事を済ませるのが私の短時間ブログアップの技です。
とはいえ、hieroxちゃんはしっかりやってるからエラいっ!
Posted by 双子の母です。 at 2011年04月17日 01:37
>双子の母さん
そうそう、このパブのレベルはかなり高いよ。その割に昼間は犬がグルグル歩いててもOKな雰囲気だしね。
手抜きブログ否、手短に要点を伝えるブログの書き方伝授ありがとう。こんどもう一度双子ブログを見返して色んな技盗ませてもらいますわ^^
Posted by hiroex at 2011年04月17日 18:48
わあーなつかしいです。
昨年の5月にロウアスローターからアッパースローターへの道を歩きました。
2週間イギリスをさまよいましたが、ここが一番好きなところで、美しいところでした。なによりも人が少なく静かですよね。
今度いけたら、hieroxちゃんのおすすめパブでランチしたいです。
いつもブログ楽しみにしてますよ。
お嬢さまもお元気そうですね。

Posted by やっちん at 2011年04月20日 07:59
>やっちんさん
この場所が同じくお気に入りなのですね。パブはスローターズからは少し離れていますが車があれば問題なく行ける距離ですのでぜひ今度試してみてください。
Posted by hiroex at 2011年04月28日 07:17
ロイヤルウエディングの年に同じイギリスに居るってのちのち子供にも話せるね。

あ〜。このパレードの頃同じイギリスにあなたもいたのよぉ。な〜んて。めっちゃ素敵やん(^^♪
Posted by パック at 2011年04月29日 00:38
>パックちゃん
今日はテレビでゆっくり中継観たよ。娘は何の事だか??だし、いつもより外にでる時間短いんじゃない?!みたいな感じだったけれども、そうね。将来的に話してわかる時期が来るのが楽しみやわ。
Posted by hiroex at 2011年04月30日 07:22
松江周辺には神話がもとになった縁結びスポットが沢山あります!そうなれば。。出会い…”縁”を求めている人、結ばれた縁をさらに深めたい人にもおすすめの場所なんです!神に祝福される様な出会いをして下さい!
Posted by 松江 出会い at 2011年06月04日 11:56
初めまして。高木と申します。

今年8月に初めてのコッツウォルズ旅行を計画しておりまして、ネットで情報収集しているうちにこちらのHPにたどり着きました。

HPに掲載されている街並みの写真はどれもとても素敵で、更にお食事も美味しそうなので、今からとてもわくわくしています。

コッツウォルズに3泊しますが、
お勧めの宿泊先(B&B)があれば、
是非教えて頂きたいと思います。

大変ぶしつけなお願いで申し訳ありません。
日本へ一時帰国中でいらっしゃるようですので、お時間のある時で結構です。
お返事をお待ちしております。
Posted by TAKAKI MIHO at 2011年06月07日 16:36
>TAKAKI MIHOさん
はじめまして。コッツウォルズのご旅行楽しみですね。
早速ですがご依頼の件、お返事が遅くなってしまってすみません。コッツウォルズのおすすめB&Bですか…困りました。というのも住んでいるとこちらで宿泊先を探すことってほぼ無いのでかなり情報をもってないのです。
私自身泊まったことはないのですが食事をして美味しかったこの記事にもあるKingham Ploughなどはいかがでしょうか?あまりお役にたてずにすみません。またなにか思いついたら記事にでもしますね。
Posted by hiroex at 2011年06月17日 06:48
お忙しいところ、お返事を頂きましてありがとうございました。
今、中国は広州に主人と住んでおりまして、
先週は杭州へ出かけておりましたので、
お返事が遅くなりました。
コッツウォルズへはロンドンからレンタカーで行こうと思っています。
素敵な風景が広がっているかと思うと本当に楽しみです。
宿泊先の件、地元に住んでいらっしゃると、中々、宿泊する機会は無いですものね。
色々とすみませんでした。
旅行はあと約1ヵ月後ですので、
B&Bをそろそろ決めなくてはと思っています。
また、何かあれば、ご相談させて下さい!
まずは、お礼まで。


Posted by TAKAKI MIHO at 2011年06月27日 10:50
hiroexさま
こんばんは〜。
先日は、B&Bの件、アドバイスを頂きましてありがとうございました。
色々考えまして、
今のところ、Cheltenham2泊とChippenham1泊(その後ロンドン2泊)にしようと考えています。
Cheltenhamはレストランやお店も多くて便利そうですね。
hiroexさんがブログに書かれているように、こちらを起点として色々見て回るのも良いなあと思っています。
旅行まであと1ヶ月を切りました。
ブログを拝見する度に旅行が待ち遠しく思います。
街の細かな情報などお聞きするかもしれませんが、どうぞ、宜しくお願いします!
Posted by TAKAKI MIHO at 2011年07月11日 01:31
はじめまして。  

このたび、家族でコッツウォルズ、レイコック近くに1週間滞在する機会が出来、楽しみにしているところです。

ヒースローからレンタカーを借りてゆっくり、楽しみたいと思っていますが
1日、現地の、出来れば日本語が少しできる方とウォーキングしたり、お話しながら街歩きができたらと思っています。

ブルーバッジのガイドさんではなく、そういった方を探すにはどうしたらよいでしょうか?

 名所、史跡などの見どころの知識をおききしたいのではないので、コッツウォルズのお話や、地元の方に人気の場所などを聞かせていただきたいのです。

そういった方を探す方法、紹介いただける機関などご存じでしたら、教えていただければ嬉しいです。

ご両親さまを連れていらっしゃったお話などを読ませていただき、いいなぁ、と思いました。

お忙しいところすみません、何か名案がありましたらご一報くださいませ。

Posted by yusumi at 2013年07月21日 16:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/196063985
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
日本→ベトナム→ドバイ→イギリス→中国→日本…と
国境を超えた流れ者生活を送る筆者が、あらためて母国で見つけたもの。
※過去のブログタイトル
「パンダヂカラ」2011年10月〜2012年3月
「英国ソコヂカラ」2007年7月〜2011年10月
「ドバイヂカラ」〜2007年6月
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。