2010年07月08日

コッツウォルズのガーデン達

kiftsgategarden.jpg

ラストミニッツなコッツウォルズ探索。行き先として選んだのはやっぱりこの季節ならではの美しいガーデン。キフツゲートは以前も訪れた(そのときの記事)のだが、その時の素晴らしかった印象が強いので目に焼き付けるために再訪。

theroses.jpg

キフツゲートと言えば「薔薇」ですよね。女性ならではのセンスで作られたお庭なので薔薇の植え方がエレガントなのが印象的。
rosewalk.jpg

薔薇の季節の名物ローズパッセージ。以前来た時はまだ一割も咲いておらず残念だったので今度こそ!と思ったのだが、もう一番の盛りは過ぎてしまっていた、またまた残念。おそらく6月末くらいがピークに咲き誇ってたんだろうなぁ。花の開花の完璧なタイミングって難しい。
yellowandblue.jpg

薔薇×色とりどりの組み合わせにうっとり。こうやって四季があって、花が咲き誇る国に暮らせたことを改めて感謝しているとなんだかジーンとしてきた。しばらく離れるが、またイギリスの美しい季節に戻って来たいなぁという思いが強まる。

さてブログでは、散発的に行ったお庭に関してあげているが、せっかくなので私のお気に入りのコッツウォルズお庭情報をまとめてご紹介。
1、Kiftsgate Court Garden  訪問記
  今回リピートしたお庭(この記事の写真は全てキフツゲートで撮ったものです)。女性三代が作り上げただけあって乙女心を刺激すること間違え無し。特に薔薇のシーズンを狙うと感動倍増。
2、Hidcote Manor Garden 訪問記
  広いお庭は、スペースごとにテーマが決められていて、色んなテイストのガーデンを観ることが楽しめる。ナショナルトラスト管理なので会員の方は無料なのもポイント高し。キフツゲートとはほぼ隣あわせの位置関係なので、お庭好きな方は一気に2つ廻る荒業?!も可能です。しかし2つ周ったらかなりお腹一杯になるので、どちらか選ぶ場合は規模・広さ&バラエティ、冒険気分ならヒドコート。英国ガーデンらしい繊細さならキフツゲートを勧めます。
3、Abbey House Gardens 訪問記その1 訪問記その2
  かの有名な?ネイキッドガーデナーが作り上げたお庭。個性的なお庭かと思いきやクラシックな面もある。こちらも薔薇の季節のディスプレイが素晴らしい。さらに、意外と敷地も広く隅々まであるくと小川などちょっとした冒険気分も味わえる。
4、Painswick Rococo Garden 訪問記その1 訪問記その2
  私のすきな冬の花、スノードロップが美しいお庭。もちろん夏もあいているのですが、特筆すべきはやっぱり冬の時期。OPENしているお庭が少ない時期なので、貴重な存在。
5、Sudeley Castle 訪問記その1 訪問記その2
  ヘンリー8世ゆかりの古城×英国ガーデンが味わえる。さらに、孔雀などが飾られた鳥園もあって見所が意外と多い。点在するモダンアートが邪魔なのだが見なかったことにしておこう。
kiftsfountain.jpg

以上、個人的趣味といいつつガイドブックなどを眺めていたら結構目に付くスポットですがお勧めです。お庭がオープンする時期のコッツウォルズは、可愛い村+お庭or絶景+美味しいを三段重ねが充実のポイント。ぜひ、ベストシーズンのコッツウォルズ楽しんでください。
pinkpurple.jpg
posted by hiroex at 18:22| Comment(12) | TrackBack(0) | コッツウォルズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本当に帰国ギリギリまですごい頑張りですね。感心してしまいます。キフツゲートガーデン行ってみたかったです。今年は薔薇は、今が見時なのでしょうか。6月の始めに義母がコッツウォルズの庭園巡りをしましたが、バラはまだ早かったと言っていたので。コッツウォルズと言えば、やはり庭園とクリームティーですよね。最後まで素敵な記事で魅了して下さってありがとうございました。日本でもよい時間をお過ごし下さいね。
Posted by まりこ at 2010年07月09日 06:21
「可愛い村+お庭or絶景+美味しいを三段重ねが充実のポイント。ぜひ、ベストシーズンのコッツウォルズ楽しんでください。」
このコピーコッツウォルズの旅行コピーとして最高です。(笑)
イングリッシュガーデン好きの心を揺さぶりますね。
最後の画像ポストカードとして売っていたら買いたいくらい素晴らしかったですよ。
Posted by ジャンポール at 2010年07月09日 06:25
おめでと〜うございます。
はじめてメールさせていただきます。
5月にイギリスにいってからコッツのファンです。hiroexさんのブログにであってから、いつも楽しみにみせていただいています。コッツは路線バスを乗り継いで、4日まわりましたが、どこも絵本のでようにきれいでした。なによりも片言英語の私たちにコッツの人たちはとても親切にしてくれました。
hiroexさん安産お祈りしております。
Posted by やっちん at 2010年07月09日 10:51
>まりこさん
お義母さん、コッツウォルズにいらしてたのだね。でもたしかに6月初旬だと少し薔薇には早かったかも、今年は少し早めだったのだけれどもね。
クリームティー、最近Waitroseでクロテッドクリームが安くで売ってたので、スコーンをBettysのを取り寄せたり、マーケットで買ったりで大分満喫できました。日本だと暑すぎてクリームティーよりアイスクリームだよね。そう言えば、日本に比べると涼しいイギリスに住む人達の方が、圧倒的にアイスクリームを食べてるよね。だからみんな立派な体格に仕上がるのかしら。
そろそろ荷造りにかからないと!
Posted by hiroex at 2010年07月09日 16:03
>ジャンポールさん
イングリッシュガーデンは今が盛り。旅のプランも今の時期と他の時期では絶対変わってきますよね。
けどお庭に出向かずとも、村のコテージに吊るされてるハンギングバスケットや窓際の花も綺麗なので知らず知らずの間に時間が経ってしまいます。やっぱりこの時期がベストシーズンと言われる所以ですね。
Posted by hiroex at 2010年07月09日 16:07
>やっちさん
お祝いのコメントありがとうございます。
5月にコッツウォルズを周られたのですね。結構広くのエリアに見どころが点在しているコッツウォルズなのでバスでの旅は結構大変でしたね。でも、ちょうど菜の花が咲いている頃でのどかな光景が楽しめたのでは?と思います。また機会があればぜひ二度目の訪問も検討してくださいね。その際にこのブログのどこかの記事が参考になれば幸いです。
Posted by hiroex at 2010年07月09日 16:10
コッツウォルズのお庭めぐりいつかしてみたいな〜と思ってるのでこのベスト5は参考にさせてもらいますね♪
ガイドブックよりも実際に行った人の感想の方がずっと参考になるなあ、といつも思います。
hiroexさんの美しいお庭写真を見てると今すぐでも飛び出したくなっちゃいますよ^^
Posted by Saori at 2010年07月09日 16:37
hiroexさん、本帰国のような感じで、最後の最後まで行動されていてさすがです!
本帰国間近の私はまだまだのんびりしています・・・(汗)。
さて、やっぱりキフツゲート、素敵ですね。
近いうちにコッツウォルズに行くので、キフツゲートに再訪かシュードリー城かどちらにいくか悩みます。
この週末にhiroexさんは日本ですよね。どうぞどうぞお体お大事に。
Posted by marimari at 2010年07月10日 06:10
きれいなお庭ですね〜!
写真もほんとにお上手なので、今すぐにでも全部行きたくなっちゃいました。

↓ラベンダー畑も美しかったです。
私が行ったところはもっと小規模であまり商売っ気のない感じだったんですが(笑)、コッツウォルズともなると週末ややはり混むんですねぇ。
ラベンダーを使った食べ物って、味そのものよりも、繊細な香りを楽しむもののような気がするんですが、どうでしょう?

↓↓それからなにより、おめでとうございます!
もしかしてもう今頃は日本に向かう飛行機の中かしら。
どうかお大事に、そして安産を心からお祈りしてます♪
Posted by londonsmile at 2010年07月10日 07:58
>Saoriさん
コッツウォルズのお庭巡りには6月下旬位の薔薇のタイミングがベストなのですが、ちょうどその頃って学校の終わり時期でイベントとかで立て込んじゃう時期なんですよね。いつか、ぜひ時間ができてゆっくりと周られる日が来ますように!
Posted by hiroex at 2010年07月11日 02:15
>marimariさん
無計画な私の性格にあってか、夫の転勤はいつも突然やってくるので、それに備えて行けるうちにいっとかないとで外しちゃいけないお庭をギリギリでリピート訪問しました。
キフツゲート一度行くともう一度と思う気持ち解かります。けど他のコッツウォルズの見どころとちょっと離れているのでお天気と他の予定と相談ですよね。きっとmarimariさんのことですから事前のリサーチばっちりに色々回られそうな気がします。帰国前最後?のコッツウォルズ訪問楽しんでください!
もうすぐ日本、両親からの情報だとさすが梅雨で相当蒸し暑いようですが、イギリスでは恵まれない除湿機能付きのクーラーで耐えたいと思います。
Posted by hiroex at 2010年07月11日 02:21
>londonsmileさん
お返事遅くなりましたがありがとうございます。無事日本に到着しました。イギリスもここ数週間は暑いと思ってましたが、やはり日本は湿気の高さがまったく別のものですね。すでにラベンダー、バラなどが風にゆれてた涼しい風の吹くガーデンが懐かしいです。暑い夏を乗り越えて、出産を迎えたいと思います。

Posted by hiroex at 2010年07月12日 15:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
日本→ベトナム→ドバイ→イギリス→中国→日本…と
国境を超えた流れ者生活を送る筆者が、あらためて母国で見つけたもの。
※過去のブログタイトル
「パンダヂカラ」2011年10月〜2012年3月
「英国ソコヂカラ」2007年7月〜2011年10月
「ドバイヂカラ」〜2007年6月
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。