2010年06月05日

ショッピング@ブリュッセル

animeintown.jpg

二日目。ホテルの充実した朝ごはんを食べて、早速散歩へ。さすがTINTIN発祥の地?!ブリュッセルの街はアニメの壁画などが沢山あってなかなかカワイイ街でした。
余談ですが、泊まったホテルなかなか良かったです。ちょっと観光の中心からは離れているが本数の多いバスも走ってるし、部屋は清潔で広く窓が大きくて明るいのが好印象。朝食も最近食べたホテル朝食では上位ランク、クロワッサンが美味しかったです。

dillekamille.jpgまずは、色んな方のブログに登場して気になりまくっていた雑貨屋さんDILLE & KAMILLEへ。キッチン雑貨から食料品、インテリアからおもちゃまで…いやぁ楽しいお店ですねぇ。こんなお店近くにあったら良いのになーと思った雑貨屋さん。値段もそんなに高くなく、「これ欲しい」ってものが沢山ありましたが、一番気になった石でできたすり鉢&スリ棒はその後、石の塊をもって旅を続ける勇気がなかったので断念。しかしエコバックやら、夏っぽいランチョンマットなど購入して満足。

次にホテルのフロントにて教えてもらったマーケットに向かうまでのところでエスカレーターに乗って一気に坂を下る。あぁ、当たり前だけれども坂道って下ると登る必要があるんですよねぇ…と朝からグウタラ魂をもちつつ、ガラス張りのエレベーターからみるブリュッセルの街並みを楽しむ。アンティーク屋家具屋さんやギャラリーの多いエリアの近くにあるマーケットということで期待して行ったのですが…
marloonmarkt.jpg

ほぼガラクタ市でした。
garakutamarkt.jpg

もう一枚見てもらえるとそのガラクタぶり、ボロギレ市っぽさがもっと伝わりますでしょうか?「だめだー、こんな雑多なところから短い時間で掘り出し物探しなんてできないー!」テクテク歩いてきた割に、瞬時に諦めてサーッと見てマーケットを立ち去ります。

次に目指すはグラン・サブロン。ここには魅力的なお店が目白押し。やっぱり
comptoirfamile.jpgまず入ったのはComptoir de Famille
フレンチカントリーなラブリーな世界がお店一杯に広がっている。一応私も女子のはしくれなのでこういうの見ると「カワイイ!」と心は躍るのだが、どうもカワイ過ぎて「いやぁ私の部屋こんなにラブリーでないし…」「もうちょっと若めの人向けのものが多いかなぁ」とセルフイメージとお店の素敵さ加減の差異に愕然としつつ何も買わずにお店をでてしまった。しかし後で写真をみてたら、このジャム瓶に被せるカバーなんてかわいいので買えばよかったではないか?と後悔。小さな頃からピンク色とかフリフリの女子らしすぎるものが苦手だった(でも密かに憧れてた)私だがいまだにその感覚引きずってるのねぇと何故かかわいい雑貨屋さんで実感。

雑貨屋では腰がひけた私ですが、食べ物ではガンガン攻めます。チョコレート買うぞーと気合を入れていったピエール・マルコリーニはまるで宝石店のようにオシャレーな雰囲気でした。
marcolini.jpg

上の写真は、雰囲気のよさにカメラを向けていると店員さんに「中で写真は撮らないでー」と怒られている図です。あらら…シャッターを押した時点では知らなかったので載せておきます。コチラは2階の写真ですが、1階はもっとシックでオシャレブティックなような雰囲気でした。
pieremarvochoco.jpg

チョコレート♪宝石店から持ち帰っただけあってかなり輝いて見えます。とっても食べたいのですが、これを食べると今最盛期を迎えようとしている花粉症の症状がひどくなること必至。誘惑に負けて食べるかor体調のために控えるか!さぁ、どうするhiroex?!という、ひとりせめぎ合い状態にいます。マンゴーのコンフィチュール(私的にはマンゴージャムなんですけどね…)やらヴァニラギモーヴ(これまた私的にはバニラマシュマロなんですが…)も買ってきたのでそちらから大人しく味見したいと思います。

この日の昼食はホテル近くで美味しいと評判のレストランpoivre & sel もしくは、大好きなベトナム料理レストランを狙っていたのですが残念ながら土曜日は休み。ガクーンとうな垂れて通りすがりに入ったお店にて食べたもの。
takosalada.jpgsiromiebi.jpg

タコサラダと白身魚の海老スタッフィング。うーん、まずくはないが「さすが美食の国!」とかいえるレベルの味ではないなぁ…と思ってレストランの名前を見たら「Les Londres」とかそんな名前だった。ガーン、名前が英国の首都‘ロンドン’なんてつけたレストランが美味しいはずないよねぇ。外したなぁ、と肩を落とした食事だった。

もうひとつ、ブリュッセルですごく気になったもの。
chocofondue.jpg

アイスクリームチョコレートホンデュ。ハーゲンダッツのお店の前の看板で見かけたのですが、さすがチョコの国、ベルギーですよね。この前を通ったときにお腹がすいてたら絶対入ったと思いますが、今回は満腹時間に通ったのでお預け。他にもハーゲンダッツのメニュー(暇ならリンク見てみて下さい ※ヨダレ注意)にはベルジアンワッフルドリームというワッフル×アイスのコンビやら、クレープやパフェみたいなのまでアイス中毒な私にはまさに目に毒なものが沢山並んでます。もし、このブログを見た後ベルギーに行かれる方いらしたら是非代わりに私の思いを遂げて欲しいです。

留まるところを知らない食い意地の話は置いておいて、次にはブルージュへ移動します。
posted by hiroex at 00:41| Comment(6) | TrackBack(0) | トラベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ベルギー、可愛い雑貨が多いし、美味しいチョコは多いし、ほんと魅力的〜♪
エコバッグ、今度お披露目してー!!気になって仕方ないわ(笑)。

花粉症、今が全盛期なのかぁ・・・。
うちは4月がちょっと酷くてほとんど今では治まったの。
でもここ最近暑いから症状が悪化しやすいのかもね。
お大事にね!!
Posted by みかみか at 2010年06月05日 04:59
やっぱり美味しそうな物目白押しですねー
ピエールマルコリーニのチョコはやっぱり美味しいですよね♪
それにしても花粉症、、、大丈夫ですか?
早く嵐が通り過ぎてくれますように><

アイスクリームフォンデュ、美味しそうですねーこれ食べてみたいなあ!
Posted by Saori at 2010年06月05日 22:52
>みかみかちゃん
さすが、エコバックの女王は記事の目のつけどころがするどいねぇ。なかなかシンプルなロゴを模ったやつなんだけど、またお披露目させてもらうね。

花粉症、晴れたり気温が上がると一気に来るわ。しかも今年は4,5月が涼しい日が多かったので予想では6月に一気に来るらしいの。はぁ、外の風が怖い日々がはじまりました。
Posted by hiroex at 2010年06月06日 07:52
>Saoriさん
ピエールマルコリーニのチョコ、まだ私は食べていないのですが、夫が食べ始めてて「hiroexは食えないだろうから、パンフレットにある順番に食べることに決めた」と贅沢なことを口にして私をイラつかせてくれます。明日からは天気予報もシャワーや雨で花粉も少なそうなのでわたしも参戦したいと思ってます。

アイスフォンデュ、ほんと気になりますよね。日本のハーゲンダッツも毎回帰国時にあーこんな期間限定フレーバーとかあるんだーと嬉しくなります。これも立派なご当地グルメですよね。
Posted by hiroex at 2010年06月06日 07:55
ブルージュ、記憶がないくらい遠い昔に行ったなぁ。ちょっと次の記事が楽しみ!
Posted by lontom at 2010年06月07日 17:52
>lontomさん
私もブルージュを訪ねたのが12年ぶりだったので、どんな感想をもつのか自分でも楽しみに行きました。感想は次の記事を見てみてくださいね。
Posted by hiroex at 2010年06月07日 23:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/152195536
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
日本→ベトナム→ドバイ→イギリス→中国→日本…と
国境を超えた流れ者生活を送る筆者が、あらためて母国で見つけたもの。
※過去のブログタイトル
「パンダヂカラ」2011年10月〜2012年3月
「英国ソコヂカラ」2007年7月〜2011年10月
「ドバイヂカラ」〜2007年6月
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。