2009年06月26日

ウィンブルドン行列記

questicker.jpg

しばらくブログを更新していなかったのは行列に並んでたからなのです(笑)
聖地ウィンブルドンで開催されている大会を見るために並んできましたよ〜。もともとウィンブルドンのチケットは前年中に郵送申込→抽選を経て手に入れるもしくは、企業接待に使われるVIP接待を受けるという狭き門で手に入れられるものなのですが、イギリス新参者の私にそんな棚ぼたチケットが回ってくるはずはなく。基本的にチケットを得るには、ウィンブルドン名物の長い長い行列に並ぶ必要があるのです。はぁ広告業界でチケットに苦労しなかった過去が眩しい。

テニス観戦は大好き(実はプレー経験もあるが、レベルの低さに恥ずかしくて大きな声では言えない…ハハハ)。小さい頃からウィンブルドンを見ていた私がイギリスに住んでいるのだからもっと周到に計画すればよかったのですが、行き当たりばったりの性格に身を任せてぶっつけ本番で体験した行列日記。

行列1日目;
この日は仕事の関係でヨーロッパを訪れた義理姉の初ロンドンを案内した(また後日ブログに記事UP予定)。‘初ロンドンなので、ベタなロンドン観光’が希望だったのだがお義姉さんは大学で体育を教える人なので、せっかくの機会だから「今ちょうどウィンブルドンで大会が開催中だから、夕方〜のチケットがあるか解からないけど行列する気があるなら行きますか?」と誘ったところ、お義姉さんもノリノリ。地下鉄にてウィンブルドンテニスクラブの会場へ近いSouthfieldsへ。
駅を降りた時点で16時過ぎ、大勢の人達が会場に向けて足を運んでいるが、道路の反対側には白いドレスのお姉さん達が帰路についている。「あれはよくテレビで前の方に座ってる雰囲気のひとだねぇ」「どんどん皆帰って欲しいですねぇ」なんて言いながら行列会場であるウィンブルドンパークに到着。
longque.jpg

絶句。想像を絶する行列の長さでした。

ウィンブルドンのチケットはセンターコート、No1コート、No2コートのそれぞれの指定席チケット以外はほぼ指定席なしの入場券で試合をみるシステム。その入場券は会場に制限人数に達ししだい、一人退場すれば一人が入場可能という入れ替え制で運用されている。夕方の5時以降は、企業接待の人達がディナーが終わって続々と帰りだす時間なので入れ替え入場できる数は多くなると聞いているが、行列に並んだ時にもらえる「Queue Card」の番号は既に17,789番!入場制限が6000人だと言うから約3回転しなかれば入れないではないか!「あかん〜無理だ〜」と諦めかけたが、行列担当のスチュワートのおじさんの「中には入れる、ただし何時になるかは分からない」の言葉を信じて、待ち続ける事に。結果、1時間半の行列で入場できた!夕方の17時半〜21時半頃までみっちり滞在して14ポンドとなかなかお得。しかし、この日の体験後私は段々と深みにはまることになるのだ…。

行列2日目;
翌朝、ロンドンでお義姉さんと宿泊していたホテルから始発の電車を目指して朝5時に出発。ちなみにこの日の朝、帰路に着くお義姉さんには自力でパディントン〜ヒースローに行ってもらうことに強引にお願いした我の強い私>スミマセンでした、お義姉さん…。

始発のウィンブルドン行きの地下鉄には既に多くの人…ライバル多すぎ。せっかく朝起きしたのに、指定席がとれないのは哀しいので電車到着後、ダッシュ。すっかり体力は衰えた三十路の主婦ですが、負けん気と根性とやる気という泥臭さでは負けてません。quecard.jpg徒歩10分ちょっとの道で約40人抜きの快走。そして、昨日ももらった行列の順番を証明するQueue Cardの数は1769番…。これには泣きそうになった。それぞれの指定席のチケットは500席×3コートで1500席。私チケット取られへんやーん。と叫びたくなったが、またまた担当のスチュワートに確認したところ「まだSlimチャンスはある」とのこと…待つ事3時間半。結果はNo2コートの指定席Get!いやぁ嬉しかったです。最後の20枚に滑り込んだので、駅からダッシュの苦労が実ったわけです。実は息が上がって呼吸困難になりながら走ったのですが頑張ってよかった。

行列3日目;
前日の試合見物があまりに充実してたので調子に乗って3日目も並ぶ事に。しかし、この日はイギリス一番人気のスコティッシュことアンディ・マレーの試合の日なので始発ダッシュでは間に合わないとの判断にて、朝4時にホテルを出発してタクシーにて行列へ。overnightque.jpgEarls Courtからウィンブルドンまで深夜料金で17ポンドでした。悪くないですよね。でもやっぱり車や近くに家があるロンドン在住の人が羨ましいな。この日は朝4時20分着でNo1を期待したのだが、既にQueueCardの番号は1331番。さすがマレーの試合、テントで1晩or2晩??過ごす人が多く、朝四時ですでに出遅れた私の結果は昨日と一緒のNo2コート。この日は異様に暑く、行列+試合観戦で真っ黒に日焼けしてウィンブルドンでの三日を終えたのだった。

3日間の結論;
1、長い長い行列さえすればウィンブルドンには入場が可能。
2、センターコート、No1コートのチケットを得るにはテント持参で一晩以上行列をする事が必至
3、花粉症対策は重要。この時期、イギリス版芝花粉症に悩む私には芝生の上で行列し続けるのは拷問行為>< アレルギー治療薬と目薬、でかサングラスに周りに怪しまれてもマスク持参が欠かせません。

長い日本滞在記の後に「いかにもイギリス」な行列話でした。初日に一緒に並んだ義姉は「文句一ついわずに日常の普通のことであるかのように列に並んでるね〜」とビックリしてました。そんな行列に三日も並ぶとは私もイギリス慣れした証拠でしょうか^^
2009wimbledon.jpg

まさか行列の話だけでウィンブルドンの話は終わりません。ウィンブルドンの中に入ってからのお話は後日に続く。
posted by hiroex at 23:55| Comment(14) | TrackBack(0) | イギリス生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
たまーにコメントさせていただいておりますLiです。
さすがhiroexさん、いつもいろいろなことに探求心と情熱でぶつかっていらっしゃる。食に関すること、アートに関すること、そして今回はウインブルドン。参考にさせていただきたい情報満載でありがとうございます。
Posted by Li at 2009年06月27日 08:11
この根性のある精神はすごい!

余談ですが、私の友達はsouthfield駅徒歩5分に住んでいます。
Posted by lontom at 2009年06月27日 22:36
すごーい、ウィンブルドンに3日続けて通って連日チケットをゲットするなんて!
しかも朝4時にタクシーで乗り付けるなんて!
私もテニスを見るのは好きですが、もっぱらテレビ観戦です。
行列、苦手なもので・・・。
hiroexさんはイギリスの夏を満喫されていますね。
続きのウィンブルドンの中のお話も楽しみにしています。
Posted by londonsmile at 2009年06月27日 23:26
しばらく更新されてなかったから、心配してたよー。
(花粉症悪化か?食あたりか?なんてね。)

本当にいろんな事に興味と情熱をむけられて感心します。
お義姉さんもこんな嫁がイギリスにいてくれてラッキー!
Posted by 双子の母です。 at 2009年06月27日 23:36
>Liさん
こんにちは。コメントありがとうございます。Liさんはロンドンにお住まいでしたっけ?もし私がロンドン在住だったら毎日通ってしまいそうですよ。
参考にしていただくには、4,5時間も行列する酔狂な情報ですので…あんまりお勧めできません^^やっぱり抽選販売でガッチリチケットをゲットするのが一番賢い方法だろうなと思います。
Posted by hiroex at 2009年06月28日 02:21
>lontomさん
もともと才能タイプではないので根性でカバーするしかないのです、私の場合。
Southfields駅にお住まいのお友達はウィンブルドン上級者なのですかねー。近くに住んでる友達がいるなんて羨ましい。テント張って並んでもシャワー借りにお宅にお邪魔できたりするもんね。
Posted by hiroex at 2009年06月28日 02:24
>londonsmileさん
私も遠くに住んでるのと、超花粉症なのとでテレビ観戦派だったのですが、半日体験しただけで病みつきになっちゃいました。
londonsmileさんは、これからもずっとロンドンにお住まいだったらきっといつかチャンスが巡ってくるかもしれませんよ
私はイギリス暮らしが期間限定なので、イギリスの一番よいシーズンのメインイベントは外せません!
Posted by hiroex at 2009年06月28日 02:28
>双子のお母さん
心配ありがとー。
花粉症も悪化してるし、日焼けで見苦しくなってるけど元気バリバリよー。

私は一旦「コレ」と思うと周りが見えなくなるほど没頭するところがあるんだけど、今回もその性格がでて行動してしまったわ。本当はお義姉さんのロンドン案内がメインだったのに、いつのまにかウィンブルドンがメインに…ハハハ。
Posted by hiroex at 2009年06月28日 02:31
へ〜そんな風に早朝から並ぶのですね!
いや、テント持参でお泊まり@@
皆そこまでするんですね〜。席数が決まっているからそうなりますよね^^
3日も並ぶなんてhiroexさん凄いです(笑)
最後の写真覚えてます♪以前の記事で^^
Posted by melissa at 2009年06月28日 03:10
>melissaさん
今朝もニュースでウィンブルドンの行列ぶりを中継してましたが、本日センターコートのチケットを並んでゲットした人は土曜日の朝から並んでたとか48時間以上の行列とは信じられない事態ですよね。
最後の写真、去年は2008年の植え込みでしたが今年はちゃんと2009年に美しく生まれ変わってましたよ^^
Posted by hiroex at 2009年06月29日 16:58
記事を読みながら、口をあんぐりしてしまった私です。
hiroexさん、すごすぎますよ〜。
しかも3日間もだなんて!!!

ロンドンに住んでいても、毎年TVで見ているだけで満足な私なので〜。
ところでウィンブルドンヴィレッジには行かれました?
とても素敵なところで私は大好きでこちらにはよく行くのですけれどね〜。
Posted by marimari at 2009年06月29日 17:42
>marimariさん
ふふふ、三日も並ぶなんてほとんどクレージーな域ですよね。私がもしロンドンに住んでたらウズウズして日々の生活も手につかないと思いますよ。というか今でもテレビに釘付けの毎日ですが…。
ウィンブルドンヴィレッジは素敵な場所なのですね。ウィンブルドンには以前も行ったのですが免許の切替とウィンブルドンツアーのみ。もうちょっと調べて周りもみてみればよかったなぁなんて思ってます。
Posted by hiroex at 2009年06月30日 05:07
すごい今更なコメントすいません汗
僕は来週からロンドンに行き、グラウンドコートでいいのでぜひ入場はしたいと考えているのですが、スケジュールの関係上29日の15時くらいからしか並べません。これでも17時以降に帰ることができるのでしょうか?
Posted by Londonbridge at 2014年06月22日 21:22
29日は日曜日で試合が無い日だと思います。
それとも29日の夕方から30日の分の当日券を並ぶという事でしょうか?後者なら十分可能性あると思いますよ。テント持参で並べば泊まることもできます。
Posted by hiroex at 2014年06月23日 09:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
日本→ベトナム→ドバイ→イギリス→中国→日本…と
国境を超えた流れ者生活を送る筆者が、あらためて母国で見つけたもの。
※過去のブログタイトル
「パンダヂカラ」2011年10月〜2012年3月
「英国ソコヂカラ」2007年7月〜2011年10月
「ドバイヂカラ」〜2007年6月
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。