2011年01月31日

予防接種先進国?!イギリス

vaccineday.jpg

娘、人生初めての予防接種はこの冬一番の大雪の日。いやー一か月以上前の話なのに忘れられない寒さだった。たしか上の写真を撮ったのってまだ15時過ぎなのにこの暗さ!近くの坂道は事故続発で警察が車の通行をストップしているなか、雪深い道路をプッシュチェアを押して行ったのだが、あまりに雪が深くってすぐに埋まって前に進まないし、プッシュチェアのカバーはすぐ雪に覆われるので外に出て5分ぐらいで中にいる娘は全然見えなくなるし大変でした。

しかしそんな大変な思いをしても、受けに行かなきゃいけない予防接種。
続きを読む(イギリスでの予防接種一覧)
posted by hiroex at 07:23| Comment(6) | TrackBack(0) | 海外子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月30日

懺悔の美味しい話

なんの話や?!というタイトルで始まりましたが、まずは美味しい懺悔写真から。
creamtea.jpg

まず最初は、チッピングカムデンのティールームBadgers Hallにて。やっぱりここまで来たら美味しいスコーンを食べなきゃはじまらないと禁を説いてオールバターのスコーンを頂きました。続きを読む(まだまだ続く美味しい体験)
posted by hiroex at 07:31| Comment(8) | TrackBack(0) | イギリスの食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月24日

子供と楽しむコッツウォルズ

子連れでコッツウォルズのいいところと言えば、なんといっても「空気がきれいなこと」でしょうか?最近子連れになった私、せっかく12月にイギリスに戻ってきて、またいつ転勤になるかわからないし、ロンドンでも行っとかなあかんのでは!というアグレッシブな気分になることもたまーにはあるのです。が、次の瞬間には、大人の私が毎度訪れるたび鼻の孔のなかが真っ黒になって喉がイガイガしてくるのを思いだし「あかん、赤ん坊には空気が悪すぎるしかわいそうや」と思い直すのです。その点、田舎は空気が澄んでますよー。湿気や成長の関係もあると思うのですが、大阪にいたころよく赤ちゃん用のお鼻吸い取り器にお世話になってた娘も最近はほとんど使うことがなくなった。これも美しい空気のおかげかな?!
countryside.jpg

田舎の空気礼賛はこれくらいにして、空気はよくても子供向けの場所ってコッツウォルズにあるの?だいたいコッツウォルズの美しい村って女性向け・おばちゃん向けにはウケがよくっても、子供向けに響くスポットってなかなかないんですよね。だいたい空気の良さを自慢したくなるってことイコール「ここには何にも無いですが、空気はスペシャルですよ」って言ってるようなもんですもんね。

しかし、そうはいえども家族での旅行に無理やり子供を突き合わせて「暇だー!」となってもかわいそうだし、私なりの提案をいくつかご紹介。ひとくくりに子供といっても、年齢やら、性別や性格によって全然反応は違うと思いますが、いくつかオプションとしてご参考までに情報をあげます。
続きを読む(子連れで変わるコッツウォルズの行先)
posted by hiroex at 18:59| Comment(4) | TrackBack(0) | コッツウォルズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月20日

マレーシアンランチ

週末お呼ばれをして友人宅でマレーシアンランチ。
マレーシアには父が10年住んでいたので、馴染みのある場所なのだが、美味しいもの天国なことは知っている。けど現地で食べて気に入ってたのは、マレーシア料理よりも中国料理(飲茶とかめっちゃ美味しい)やインド料理でマレーシア料理は二の次だったので正直あんまり期待せずに参戦。ってせっかくご馳走してくれるというのになんとも嫌なお客ですね。しかしこれが立派に低い期待を裏切る美味しいお料理だった。
msianlunch.jpg

チキンのサティやらピリ辛ソースをかけてたべるビーフンなど、バクバクとおかわりをしまくって食べた。続きを読む(もう一つのイベント)
posted by hiroex at 01:02| Comment(8) | TrackBack(0) | イギリスの食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月17日

Daylesford Organic

久しぶりにDaylesford Organic Farm Shopへ。
Dayles-a.jpg

そういえば、青山にもお店ができたらしいですね。田舎に忽然と現れるオシャレ空間にポッシュな人たちが集まっているので「コッツウォルズのハロッズ」なんて言っていましたが、日本にも支店ができたなんて言えば、もうワールドブランドですね。在住者としてはお店のグッズがお土産に使えないのが痛いなぁ…なんて、度量の狭い小さな文句を言いながら久しぶりに行く。
続きを読む(久しぶりに行くと少し変わってました)
posted by hiroex at 02:29| Comment(4) | TrackBack(0) | コッツウォルズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月12日

挑戦・英語の童謡♪

Baby_bounce_and_rhyme.jpg娘と一緒にBaby Bounce & Rhymeに通いだした。

きっかけは、どうやら娘が歌好きらしいので。特に「むすんでひらいて」が気に入っており、手を打って♪のところで娘の短い手をもって一緒に叩くとニコニコと笑いまくるという芸を一か月ほど前に身に着けて以来、国境を越えてWebカメラの向こうのじーちゃん、ばーちゃんを大喜びさせている。しかしながら残念なことに、音痴の母親を持ったため、歌のバリエーションにかけるのと、心地よい子守唄のはずが音程が狂ってることもしばしば。これではせっかく娘が歌に興味をもってても母の音痴のせいで音痴道を歩ませることになってしまう…と行く末を心配しての「お歌の会」への参加だ。

続きを読む(英語で歌ってリズムを取って…)
posted by hiroex at 08:21| Comment(15) | TrackBack(0) | 海外子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月08日

銀世界オックスフォード

ボクシングデーはオックスフォードへ。
クリスマスにお客が来てくれるのは賑やかで大歓迎なのだが、大変なのはイギリスでクリスマス期に開いている場所を見つけること。近辺でボクシングデーに開いている観光スポットを探したところ、オックスフォードのクライストチャーチカレッジが開いているとの事だったので大学の街へ向かった。
snowoxford-a.jpg

続きを読む(足もと注意!滑りながら廻ったオックスフォード)
posted by hiroex at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | イギリスの旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月07日

極寒グロースター

まだまだ去年の話ですみません。実はクリスマス当日にも出かけてました。行先は人っ子一人見当たらないグロースター。イギリスに住みだして以来よく「クリスマスは日本のお正月的感覚だなぁ」と感じるが、当日の人出は全く違う。日本のお正月ではお年賀やら初詣で賑わいますが、イギリスのクリスマスは誰一人外出しないのです。家族でゆっくり祝う日なんですよね。それでもせっかく遠路はるばるやってきている弟がいるので、どこか開いてる場所はないかな?と調べたら隣町のグロースター大聖堂がOPEN中とのこと。近くだし、ハリー・ポッターの撮影がされてちょっとした観光地だしってことで出かけることに。
gctdrlonxmas.jpg


続きを読む(今さらクリスマスムード)
posted by hiroex at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | コッツウォルズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月06日

久々のバース

roadtobath.jpg

こんなに雪が積もっていた頃の話に戻って恐縮です(雪深かったチェルトナムも年明けごろにはほぼ雪がなくなっています、積もらずとも雪はよく振ってますが)。
さて話がどこまで舞い戻るかというと、クリスマスイブ。長めの年末年始休みを取ってきてくれた弟に、せっかくイギリスまで遠路はるばるやってきたのだからみて欲しい場所と考えて出かけたバース。上の写真はバースに到着する前の道端から撮った光景。この光景をみて弟は「北海道みたいやな」と言っていたが雪に慣れた私は、木の上に雪が積もっていないので「だいぶ溶けてきたな、気温もマイナス3度でちょっと暖かい」みたいな謎の寒さ感覚の狂った発言をしていたのだった。慣れって怖いですね^^;
続きを読む
posted by hiroex at 01:33| Comment(4) | TrackBack(0) | イギリスの旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月01日

おせち2011

2011年賀435.jpg

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。


今年もやってきましたお正月恒例お節スペシャル。
続きを読む(おせち食べて始まるお正月)
posted by hiroex at 20:18| Comment(20) | TrackBack(0) | イギリスの食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
日本→ベトナム→ドバイ→イギリス→中国→日本…と
国境を超えた流れ者生活を送る筆者が、あらためて母国で見つけたもの。
※過去のブログタイトル
「パンダヂカラ」2011年10月〜2012年3月
「英国ソコヂカラ」2007年7月〜2011年10月
「ドバイヂカラ」〜2007年6月
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。