2009年01月31日

昔ながらのティールーム

寒い日はティールームで暖かいお茶とスコーンが一番♪
muffinctea.jpg


先日の記事にも書いたとおり、チェルトナムではお気に入りのティールームがあり、ランチもお茶もここ一筋、浮気なし!!と思い込んでました。…しかし、食いしん坊は浮気性なのか気になるティールーム発見。その名もThe Muffin Man。気になるでしょ〜?!

続きを読む(地元のお年寄り御用達なティールーム)
posted by hiroex at 00:25| Comment(8) | TrackBack(0) | イギリスの食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月29日

中級コース挑戦

3ヶ月タームの始まりである1月は色々なことをスタートする時期…と言ってもう一ヶ月経っちゃったとは。もう12分の1が終わり…時間が経つのが早すぎる!

さて、年が始まって今年もなにかしないとと思いながら近くの大学やカレッジのコースを見たところ、目に入った「Intermediate Digital Photography Course」を申し込んだ。同じキャンパスで写真コースを受講したことがあるくせにやっぱり初日は緊張。でも去年受講したのはCreative Photographyで基本は写真を楽しもう!ってな調子のレベルを問わないものだったのだが、今回受講するのは講義名にも「Intermediate=中級」とある。
続きを読む(緊張の第一回目講義、その結果は)
posted by hiroex at 19:41| Comment(12) | TrackBack(0) | イギリス生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月28日

レストラン@チェルトナム

このブログにて五月雨にUPしているチェルトナムのレストラン事情。
書いている方は食いしん坊の興奮冷めやらぬままに記録となりますが、情報を求められてる方には少し見難いかも。旅行に行く時に先に訪れた方や在住の方のブログを見比べて「どのレストランが良いかなぁ♪」と見比べるのも楽しいけど、どこかにまとめてもらえてるともっと嬉しい!ってことで勝手にチェルトナムのhiroex的お勧めレストランをまとめてみました。
chmeat.jpg

今回はシーン別に。

●とにかく美味しいものが食べたい!
lumiere フレンチ 
このフレンチはイギリスの田舎ではめちゃくちゃレベルが高い。Springbookやguinea fowlなど他のレストランではあまり見かけないちょっと変わった素材を使っているのも食いしん坊好奇心をそそる。インテリアは白を貴重にしたクールなおしゃれ系だが、不思議とくつろぐ。水〜土のディナーしか営業していないのも自信の表れ?席数も少ないですので、行かれる際にはご予約を。
lumiere過去の記事はコチラ参照

続きを読む(他のお勧め&今回初めて書くお店もありますよ〜)
posted by hiroex at 20:43| Comment(8) | TrackBack(0) | イギリスの食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月27日

冬のコッツウォルズ

wintertree.jpg

立ち込める霧に裸ん坊の木々。空は限りなく曇り。
冬場のイギリスの田舎をドライブをしているとこんな光景ばかりが続く。

続きを読む(冬の近場の光景)
posted by hiroex at 17:58| Comment(4) | TrackBack(0) | コッツウォルズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月26日

暖を取る

itotsumugi.jpg


ファーマーズマーケットに居た毛糸を紡ぐおばさん。
イギリスの田舎って編み物なイメージありませんか?けどこうやって毛糸を紡いでいるおばさんを見たのは初めてなのです。なんだか得した気分。

ところで、私事ですが今年始めての風邪を引いたようです。咳も鼻水もでないのですが、お腹にくる風邪のようなので…辛いです。あと熱とね。お腹を暖めて眠ったほうが良さそうです。
皆さんも風邪には気をつけてください。
posted by hiroex at 02:00| Comment(14) | TrackBack(0) | イギリス生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月25日

ファーマーズマーケットのお勧め

土曜日はストラウドのファーマーズマーケット。朝一番、霜で真っ白になった田園風景を抜けて買い物に向かう。
stfarmersmkt.jpg

いつもは自分の買ったものなどをご紹介するのですが、今回はファーマーズマーケットでの私のお気に入りのお店をご紹介。

続きを読む(コッツウォルズ産美味しいもの)
posted by hiroex at 02:52| Comment(2) | TrackBack(0) | イギリスの食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月23日

追い出されるかと

郵便受をチェックすると珍しく書留郵便があった。
何かと思って早速開封すると、なんだかややこしそうな文書が登場。

書き出しはLANDLORD's OFFER NOTICE;PRIVATE CONTACT。
読み進めていくと、1987年に定められた借地借家法により大家が物件を売るに当たって最初の連絡を借主にするとのこと。

ひょえぇぇーーーーーーーーー!!
ビビッた私は、飛ばし読みに飛ばし読みを重ね(焦ってたのと、解からん単語があったのとで)ていくと物件の売り出し価格まで書かれている。出来のよくない頭はそれでも一生懸命クルクル回転して、ここに書かれたストーリーとその後の展開を予想した。

続きを読む(イギリス暮らしや不動産に興味のある方はどうぞ)
posted by hiroex at 20:54| Comment(13) | TrackBack(0) | イギリス生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月22日

コッツウォルズの動物園

madagascal.jpg
あっ、目線あっちゃった!

この冬、映画マダガスカル2で人気のキャラの本物キツネザルが見られるのはCotswold Wildlife ParkBurford近郊を通るたびに気になっていた動物付きの看板があったので一度足を向けてみる。
続きを読む(動物園ってひさしぶり)
posted by hiroex at 20:12| Comment(22) | TrackBack(0) | コッツウォルズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月21日

最安値更新

はああ゛ぁぁーーー。ため息を出したくなるのは、止まらぬポンド安。

参考ニュース
東京外為市場=ドル89円後半、英ポンドが安値更新125円 
英国景気悪化でポンド急落、73年以降最安値 
ポンド対円為替チャート
pdyen50down.jpg
この図を見るとまたまたため息が出る。
続きを読む(塩くさい不景気の話ですみません…)
posted by hiroex at 20:12| Comment(24) | TrackBack(0) | イギリス生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月20日

何度目かのオックスフォード

1月のオックスフォード。日曜日の寒い朝の学生はきっと寮で遅寝。観光客が大挙するにもまだ早い。
jandoxford.jpg

数えてみると5度目(割と来てるな)のオックスフォードだが、人気の少ない街はまた違う表情があって満腹の体に涼しい風を届けてくれるようだった。
続きを読む(地味だけど、小さな幸せ)
posted by hiroex at 19:27| Comment(6) | TrackBack(0) | イギリスの旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月19日

食いしん坊万歳@Jamie's Italian

朝食を食べた後、オックスフォードをフラフラしつつ、また決断の時がやってきた。せっかく1時間ドライブしてきたのに朝食食べておとなしく帰っていいものか?やっぱりイタリアン食べてこそのJamie's Italian体験ではないのか?との気持ち。でもお腹はあんまり減ってないし…と迷う私。しかし、食いしん坊熱は留まるところを知らず「やっぱりお腹は空いてないが、食べにいく!」と決定。同じくお腹が空いていないという夫を無理矢理連れて再度店内へ。
jamieimage.jpg

ランチメニューが12時〜スタートして、お店に入ったのは12時15分くらいなのに大きな店内の8割方の席が埋まってました。やっぱり人気なんだ。
続きを読む(食いしん坊万歳って誰のこと?!)
posted by hiroex at 19:31| Comment(8) | TrackBack(0) | イギリスの食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朝食@Jamie's Italian

おはようございます。
jamiepancake.jpg

朝のパンケーキはイギリスの食の風雲男Jamie Oliverのイタリアンにて。半年ほど前から、イギリス在住の沢山の方のJamie's Italian行ってきた!って記事を読んで「行ぎだいよ゛ー」と吠え続けやっと思いを遂げました!…しかし、なんでまたJamie's Italianに言ってパンケーキ?!と思った方、それにはワケがあるんです。
続きを読む(食べ過ぎた一日はじまりはじまり〜)
posted by hiroex at 09:56| Comment(0) | TrackBack(0) | イギリスの食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月18日

気になるIKEA

半年に1度くらいの割合で、用も無いのに行きたくなるのがIKEA。お昼を食べて急に行きたくなって車を走らせる。SALE中なこともあり、駐車場は車車車。ラッキーにも開いているところを見つけて入店。

元々目的は無いので(じゃぁ、何故に行くんだ?って突込みが夫から入りましたが…ただ見たい。女ってそんなもんですよね!)ディスプレーを見ながら気になるものの値段をチェック…と思っていたところ目を奪われるもの発見。
STOCKHOLM-coffeetable.jpg

続きを読む(企業戦略にまんまと乗せられる消費者=私)
posted by hiroex at 07:37| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記・雑記・ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月17日

パリのお土産

パリに2泊3日にしては大きなスーツケースを持っていった私。旦那に「デカイな」と突っ込まれても、実際行きのスーツケースには半分も物が入ってなくっても…いいんです。ソルド中なこともあってお買い物も冬パリのお楽しみの大きな一つですから。
parischair.jpg

ミニチュア椅子、これ何だと思いますか?
続きを読む(美味しい、使える戦利品たち大公開)
posted by hiroex at 01:20| Comment(16) | TrackBack(0) | トラベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月16日

パリの甘味

前回の記事でパリ日記終わり〜と書いておきながら、まだまだ美味しかったパリの話書ききれてません。なので、しつこくお付き合いください。
saoki.jpgphras.jpgphgmtc.jpg
ケーキ三連発!!

続きを読む(デザート、甘いもの好きな方以外どうでも良い話)
posted by hiroex at 01:29| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記・雑記・ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月15日

冬パリ3日目

あっという間に冬パリ最終日。しかし帰りのフライトは夜の9時なのでまる一日はパリで過ごせる♪朝から向かったのは、オルセー美術館。何度も訪れている場所だが、気になる特別展示がふたつあったのだ。まず一つは、昨日訪れたグランパレの「ピカソと巨匠」と同時開催中のピカソ展でオルセーは「ピカソとマネ」。マネの名作「草上の昼食」とそれに影響されたピカソの作品を多数。まだ記憶に新しい昨晩の感動が蘇る。そしてもう一点はパステル展。パステル画って油絵とはまた違う繊細さ、光の表現の仕方も全然違って心が表れるような感覚がある。
parisfromors.jpg

※写真はオルセーの上階からみた冬のパリの光景
続きを読む(美術館を出た後は、ひたすら歩く)
posted by hiroex at 00:01| Comment(10) | TrackBack(0) | トラベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月14日

巨匠の共演

glanpicasso.jpgパリで一番楽しみにしていたのがグラン・パレにて開催中のピカソと巨匠たち展 Picasso et les Maitres
タイトルから想像されるとおり、ピカソが巨匠と呼ばれる以前の画家から得た影響を明らかにする展覧会。ピカソと彼に影響を与えた作品が210点、一同に会すと「奇跡的な」展覧会、評判も上々と聞いては、美術ファンとしてはいてもたってもいられなくなる。
しかしやはり、芸術の都パリでの折り紙つきの内容のため、大人気。氷点下5℃を下回る寒さの中入場までには外で最低でも一時間待ち…うぅ芸術の道は厳しいなと覚悟を決めたところ朗報が。なんとこの美術館木曜日以外は夜11時まで開催されているのです。なので私がやって来たのは、一番人が少なそうな金曜日の夜8時前。楽勝で並ばずに入れました!

続きを読む(感動の企画)
posted by hiroex at 19:41| Comment(2) | TrackBack(0) | トラベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月13日

冬パリ2日目

ホテルから徒歩5分のジェラール・ミュロにて朝食を確保して一日が始まった。マッシュルームキッシュとクロワッサン、ついでにフルーツタルトも朝からつけてしまった。朝から劇的においしい!
今回泊まったホテルはサンジェルマンのメトロの駅から徒歩1分のド真ん中、このエリアには美味しいものが沢山あるので近くのお店で買って部屋でお茶飲みながら直ぐに頬張れるのが一番いいところ。ちなみに泊まったのはHotel Madison。ロケーションは文句なし、部屋も清潔だしシングルにしては広い、コンシェルジュの名物おじさんもいるのに、このユーロ高のタイミングで泊まれたのはたまたま上階部分が改装工事中で安くオファーをだしていたから。工事の行われる朝9時から夕方までは音が聞こえてたようだが、その時間殆ど外出していたので関係なし、お得に泊まれてラッキーでした。
seinemorning.jpg

朝食後、セーヌ川沿いを散歩。
続きを読む(デパート、サンジェルマン、美味しい麺…とにかく盛りだくさん!)
posted by hiroex at 19:18| Comment(6) | TrackBack(0) | トラベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月12日

冬パリ初日

お昼にバーミンガム空港を発った飛行機は1時間ちょっとでCDG空港へ。飛行機はガラガラ、窓の外から見える景色は真っ白。イギリスでも降った雪だがパリ周辺ではもっと深かったようだ。着陸した後、飛行機は地上を20分走行→さらにバスに乗り換え10分走行。そしてやっと着いたゲートは鍵が閉まっていて約20名はその後約10分間−9℃極寒のゲート外で係員が出てくるまで待ちぼうけ。このサービスの悪ささすがフランスだ。飛行機でもイギリスからはすぐだけどこういう極悪サービスに触れる機会が多いから、やっぱりユーロスターで気軽にパリに行けるロンドン在住が羨ましいなと思う瞬間。
stgerch.jpgstillsnow.jpg

ホテルにチェックインしてまずは飛行機で爆睡したためランチを逃してお腹がペコペコだったので、Poilaneにてアップルパイを入手。本当は歩きながら食べたかったけど寒いので一旦部屋に戻ってかぶりつく。サクッとしてて美味しい!やっぱりパリに来てよかったと思う瞬間。

続きを読む(ソルドハント開始〜!)
posted by hiroex at 20:36| Comment(6) | TrackBack(0) | トラベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月11日

幸せのお菓子

フランスではこれを食べないと年が明けた気がしない?!
garettmain.jpg

一月になるとこぞって皆が買い求めるお菓子ガレット・デ・ロワ。ずっと前にフランスでは小さな陶器製の人形の隠れたケーキを食べて、人形が自分に当たると1年ラッキーが続くという話を最初に聞いたとき「なんつー洒落た国だ」と思った。続きを読む(初めて食べた本場の味)
posted by hiroex at 23:59| Comment(6) | TrackBack(0) | トラベル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
日本→ベトナム→ドバイ→イギリス→中国→日本…と
国境を超えた流れ者生活を送る筆者が、あらためて母国で見つけたもの。
※過去のブログタイトル
「パンダヂカラ」2011年10月〜2012年3月
「英国ソコヂカラ」2007年7月〜2011年10月
「ドバイヂカラ」〜2007年6月
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。